ほら出た、鏡

もうすぐオット氏の誕生日

プレゼントもいいけれど
もう何年も一緒に旅行に行っていないし
近場で一泊ぐらいしたいなぁと思ったわけです

プレゼント代わりなので
わたしの財布から出します

まだ、猫のあみに留守番させたことがないので
遠出はせずに
午後から出かけて
おいしいもの食べて
お風呂入って夜景見て
翌日お昼前には帰宅

どう?と持ちかけたら

「えぇ、そんなのもったいなくない?」と眉をしかめるオット氏

出たー!

これはわたしの内側の投影、鏡

うん

一泊の宿泊代と食事代でまあまあな金額です

心の奥に長年染みついたケチっこ理惠が「これだけ使ったら残高がぁ…」と
心の中でうごめいているのが
オット氏の口を借りて話しているのです

1ヶ月ぐらい前には
一泊ぐらいしても大丈夫なように…とあみのに自動給餌器も買って
慣らし訓練も完了してるのに

まだ言うか、けちっこ理惠め!

そこでどうしたか?

「もったいなくないよ♬」とだけ答えて
一人で部屋へ

で、けちっこ理惠の言い分をひたすら聞きました

言い分は否定せずに「そうかぁ、そう感じてるんだね」とひたすら聞きます

そのうちけちっこ理惠は言うこともなくなったようなので
パソコン仕事を続けているうちに
夕食の時間

食事の席に着きながら
オット氏は笑顔で「で、どんなところに泊まるの?」

笑顔です

さっき眉をしかめていた人が 笑

なんてわかりやすい鏡でしょう♬

こういうこと、本当によくあります

こんなことやっちゃいけないんじゃないか という胸の奥の思いがあるのに
気づいていないと、周りの人の口を借りて言ってくるんですね

自分の胸の奥の思いが納得しない間は
目の前の相手を説得しようとしても相手は頑として譲りません

向き合うのは目の前の相手ではなく、自分の本音

蓋をせずに、とことん耳を傾けてあげてみてください

関連記事

  1. 期待せずに信頼する

  2. 最高レベルの開運日に

  3. 探求する、10月

  4. いつものパターン

  5. 何をする人?

  6. さあ、結果はどう出る?

  7. 世のため人のため

  8. 自分を生かすと世界が生きる

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2022.12.1

    さあ、12月
  1. 2022.10.19

    なんで数秘?
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブページ

カテゴリー一覧