知識より体験

頭に知識として入ってきたことは、どうしても「わかったつもり」で終わりがち

数秘やトートタロットについてもAEONSで学んでいたときには
まだ「知識」でした

できる限り頭は排除していこうとしても
そんなに全てのことを体験できるわけでは無く
「まずは知識でも良いから自分のなかに入れていかなければ!」と頑張っていました

講師になるに当たって
師匠の鹿乃子さんからは「自分が体験したこと以外は教えないこと」とぐっさりと釘を刺されて
「じゃあ、何が教えられるの?」と苦悩しまくり…
それでもなんとか小さな体験を積み重ねてきました

そして去年、秋山峰男先生や西山猛郎先生と出会い
知識や概念としては入っていたことを体験、体感させられる機会に恵まれて…

「ああ、そうなんだなぁ」と頭にあったことが
まさしく「腑に落ちた」のでした

面白いことに
一つ腑に落ちると芋づる式にどんどんきます

芋づる式に自分の奥深くが豊かになっていく感覚なのです

リライアンスのトートタロット講座でも「まずは全部覚えて」から始まります

そこは出発点なのでやるしかないのです

問題はその次

体験するかしないか

自分でセッションをすればするほど
いろいろなことが腑に落ちてきます

腑に落ちたら,こちらのものです

2022年に入って2ヶ月が過ぎ、まもなく春分

ここから先、どれだけ「体験」するか
大きく流れが変わってくる感じがしています

動いて、いきましょう!

小さな体験が大きく流れを変えます

関連記事

  1. “わたし”とつながる第一歩

  2. 早速、プチお話会&プチ講座Zoom 4月開催

  3. 裏も表もわたし

  4. 数字が語り出す

  5. 更地?

  6. いつものパターン

  7. 循環する

  8. いそがなくていいから

最近の記事 おすすめ記事
2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブページ

カテゴリー一覧