Nature Tree Dawn Landscape Sunrise  - PaulSchneider / Pixabay
数秘学

6 7 6 7

意味不明なタイトルの今回

これは2020年11月から2021年2月まで
4ヶ月のユニバーサル マンスリー サイクルです

数秘学では個人の才能などだけではなく
宇宙全体の流れも読むことが出来ます

このサイクルについて今年に入ってから
zoomやオンラインサロンで
何度もお話ししてきました

今年は今年で
来年は来年で
それぞれリーディングしていたのですが
年末年始に同じ数字が繰り返されることに
今更ながら気づいたのでした

実は去年から今年も
11月「5」12月「6」1月「5」2月「6」でした

この「行きつ戻りつ」感…

さっと計算してみたところ
この2回繰り返しになるのは去年今年の年またぎからで、今後もしばらく続くようです
(2018年、2019年は「13」「5」「4」」5」)

年が改まる=イヤーサイクルの切り替わりの時です

そこをはさんで同じマンスサイクルが繰り返される意味…?

 

日本語教師時代に「何度も言いますけど、ここ大切ですよ~」と言いながら
ホワイトボードにぐるぐると◎を書いていた自分が浮かびます

 

個人的にこの11月は「6」を無茶苦茶感じさせられた1ヶ月でした

自己回帰 本当の自分に戻る このままで完璧

10月末にオンラインサロンのライブやyoutubeの動画で話したこと
全部自分にどーんと返ってきました

「6」は人とのつながりも鍵になるのですが
わたしにしては珍しくたくさんの人に会い
その方々から「自己回帰」「本当の自分に戻る」「このままで完璧」というメッセージをがんがん受け取ったのでした

そう、ちょっとここまで自分を見失っていたのです…

はっと我に返ったのが11月

次が「7」です

詳しくは上のYouTubeをご覧いただきたいのですが
表だって行動すると言うよりも
ずぶずぶと深く自分の内側に入り内省する時になります

つまり「6」「7」「6」「7」は
自分を知る→内省→自分を知る→内省…という
どれだけ自分を深掘りさせられるのだろうという4ヶ月になるわけです

今年はイヤーサイクル「4」で今後の基盤を築く年

『その基盤はちゃんと“本来の自分”の上にクリアに築けていますか?』

来年はイヤーサイクル「5」で変化の年です

『新しい風が吹いてきても“本来の自分”は崩されないような基盤が出来ていますか?』

そんな「6」「7」「6」「7」

 

コロナで誰もが揺さぶられた1年

わたしも揺さぶられないつもりでいたにも関わらず
実は揺さぶられていて
自分を見失いかけていました

11月の自己回帰につながる気づきが本当にありがたく…!

こんな時だからこそ、この「6」「7」「6」「7」の4ヶ月に
しっかり自分と向き合って
自分自身から逃げずに過ごしたいと思います

Nature Tree Dawn Landscape Sunrise - PaulSchneider / Pixabay
PaulSchneider / Pixabay

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)