1,2,3の人  ジェイク・シマブクロ

普段から家にいるときは音楽流しっぱなしなのですが
こんな風に自宅で自粛…という時には
気分転換のためにも
いつも以上に音楽のお世話になります

そんなときにたまたまFacebookでフォローしていた
ウクレレ奏者ジェイク・シマブクロのFacebookライブを目にしました

映画「フラガール」の音楽を担当していたということで
(オット氏のルーツがいわき市で、この映画も応援していた)
何年も前にフォローしたっきり忘れていたのですが…

彼の奏でる音楽と笑顔に魅了されました

自宅の一室からウクレレひとつで奏でられる音楽は
ハワイアンだけではなく様々なジャンルに渡ります
(たとえば「ボヘミアンラプソディー」とか!)

彼はハワイのジミヘンと言われるほどの超絶テクニックの持ち主なのだそうです
そんなすご技の演奏なのに
ウクレレという楽器ゆえなのか軽やかで透明感のある音…!
時折、ジェイクのお子さんの話す声が聞こえたり
肩の力が抜けたそのライブに
こちらも肩の力が抜けて明るい気持ちになっていくのです

子供のような彼のはにかんだように見える笑顔に
思わず数秘で見てみたくなって
計算してみました

コアナンバーが
誕生数 1
運命数 3
ソウル数 1
人格数 2

1,2,3…
どおりで軽やかなはずです

運命数というのはこの世で成すことを示していますが
「3」は
音楽といったクリエーションは勿論
自分が明るく輝くことで周りを元気づけて導く
ライトワーカーであることも運命づけられていることを示します

ウクレレという楽器でオリジナリティを追求する姿勢は
誕生数「1」やソウル数「1」に

はにかんだような、少し控えめに見える印象は
人格数「2」にそれぞれ表れています

生命の樹で言うと
1,2,3は天に近い数字で
天性の軽やかさみたいなものを感じさせます
ちなみに明石家さんまさんもコアナンバーが1,2,3のみ
所ジョージさんは1,2のみの人です

わたしもコアナンバーに2,3を持っていますが
もっと大きい数字がどーんとあるためか
この軽やかさに憧れつつ
それだけではないものも自分にあり…
その分、ジェイクの笑顔と音楽に癒されるのかもしれません

こんなことでもなければ聴くことは無かったかもしれない…
でも、たまたま昔フォローしていたのも必然なのですね

おうちで聴く音楽にジェイクシマブクロ♬おすすめです
爽やかな風が吹き抜けていきます

Facebookをされている方は
是非彼をフォローしてライブ(日本時間毎週土曜の午前にやっているようです)を
堪能してみてください

ジェイクのFacebookはこちら

 

関連記事

  1. 真実はどちら?

  2. セルフケアは自分への贈り物

  3. 見えない足かせ

  4. 本当は何を望んでいるの?

  5. 「ある」けど「ない」

  6. イルカさん <数秘学講座修了レポート>

  7. またまた動画です

  8. 選ぶ 6月

最近の記事 おすすめ記事
2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブページ

カテゴリー一覧