イヤーサイクル1

数秘のお話です

イヤーサイクルというとらえ方があります
数秘的なバイオリズムみたいなものです
誕生日からの1年がどんな流れになるのかを知ることが出来る数字です

計算方法は簡単
たとえば、11月12日生まれだったら…
2019+11+12=2042
2+0+4+2=8 ⇒2019年の誕生日からの1年のサイクル数は8 となります

2行目の計算で2桁の数になる場合もあります
個人セッションでは2桁で読みますが
ご自分でちょっと見るときには一桁になるまで計算をしてみてください

で、わたしは今イヤーサイクル10という流れに中にいます
一桁にすると 1+0=1 「1」となるので
新生の時となります
数秘のサイクルは基本的に1から9に向かって螺旋状に上昇していくイメージ
9でひとつのプロセスが終わり
次の1からまた新たなプロセスが始まると読みます

この「1」の始まりは自分で始めると言うよりも
なんだか自分の意志と関係なく始まってしまった…感じになります

実は以前このイヤーサイクル「10=1」だった2010年は
うつ病で退職し、若石リフレクソロジーと出会った年でした

まったく辞めるつもりのなかった仕事を辞めることになり
先のことも考えられず
ふと目にしたリフレとアロマのコラボ講座に
「具合わるくなって行けなくなっても惜しくない受講料だし…」と申し込んだときから
今につながる流れが全部始まっていたのです

そしてセルフリフレで体調も良くなり
開業するつもりもなかったのになんとなくプロコースに進み
修了する頃にオット氏がふと言った一言
「勉強したのに何もしないのはもったいないからここ(使っていなかった和室)で何かしたら?」

このタイミングが正にイヤーサイクル10のぎりぎり終わりでした

自分の意志で日本語教師を辞めたわけでもなく
プロになろうと思ってリフレクソロジーを勉強したわけでもなく
開業も自分ではなくオット氏の思いつき…

こんな感じで流れに乗るのがイヤーサイクル「10=1」なのですね

流れと直観にお任せするのです
そうすると良い塩梅のところに連れて行ってくれます

そして、今またイヤーサイクル10が終わりに近づいて来ています

この1年も、ある意味無計画にやってきました
数秘学講座も学びたいという声があっての開講だったり
プライベートでは流れに乗るのをためらって逃してしまった事柄もあったり
宮城でのセミナーやセッションのお仕事も急に舞い込んできたものだったり
ふと思いついたチャリティイベントを現実化したり
あみちゃんとの出会いも、あみちゃんからこちらにやってきてくれたものだったり

前回のイヤーサイクル10での流れが
それ以降の方向性を見せてくれるものだった…ということから
今後の10年は、
自宅サロンを基盤に数秘やタロットを必要な方にお伝えしながら
時々遠方でもお伝えし
チャリティイベントなどにも関わり
猫を愛でる…そんな方向に行くのでしょう…

関連記事

  1. 11と13

  2. 今年にありがとう

  3. キラキラのイベントです

  4. わたしは野心家?!

  5. 数秘、タロット…ちょっとお試し♬

  6. 枠を外す

  7. 有吉弘行さん <数秘学講座修了レポート>

  8. 「わたしとつながる数秘学講座」第3期は宮城で!

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2021.05.10

    Butterfly
  1. 2021.05.10

    Butterfly
  2. 2021.05.10

    新陳代謝
2019年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブページ

カテゴリー一覧