完璧なタイミング

IMG_6668.JPG

「3年前からトウリーディングが受けたかった」
…という
クライアントさんが
明日の新月を控えて
今日、セッションを受けに来られました

思ってから実現まで3年かかったのは
きっと色々な理由があるからです

そして、今日

セッションを進めるうちに
「何故、今日、2017年7月22日なのか」が
ご本人にも
わたしにもよくわかりました

実は第一希望の日時は
予約をお取りできなかったのです

それもまた必然

何かをするのに
「早すぎる」「遅すぎる」ことは
ありません

ある意味「早すぎた」「遅すぎた」ことで
「失敗」することもあるでしょう

その場合は「失敗」から
たくさんの学びと示唆が貰えるのです
そういう意味で
それも必然です

いらした時と帰る時の足指の違いに
ワクワクしながらお帰りになる
クライアントさんを見送りながら
わたしもまた
たくさん気づきをいただきました

有難う御座います!

関連記事

  1. 自分のためのペディキュア

  2. こんな夢を見た

  3. わたしのための…

  4. 耳もすごい!

  5. こんなところ見てる人…

  6. 地に足指つけよう

  7. 足指がくれるもの<4> ~右と左

  8. トウリーディングとは…

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2021.09.6

    ミラクル?
  2. 2021.09.1

    飛ぶ 9月
  1. 2021.09.6

    ミラクル?
  2. 2021.08.21

    答えはそこに
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブページ

カテゴリー一覧