心と向き合う,  日々のこと

つたえたいこと

ずいぶん前に買ったままにしていた「終活ノート」

ふと思い立って書き始めました

きっかけと言えば、このところの母の様子…
いろいろ物忘れするようになり、
先日もこんなことがありました

ほんの数日前に母の目の前で
「ここにしまうよ。わかるように【診察券】って書いて貼ったからね」と確認したばかりの
診察券のありかがわからないと電話で起こされたのでした

まだ母の世代はアナログなことがほとんどなのですが
自分を振り返ると銀行口座にしても通帳からしてwebで
それぞれのIDやパスワードが山ほど…!

目の前にある診察券も探せなくなるのに
インターネットの世界の、目に見えないあれこれなど
果たして覚えていられる?

これは何がどこにあって、どんな登録しているか
ちゃんとしておかないと混乱するなぁ…と思い
数年前に買ったままだった終活ノートを引っ張り出してきたのです

 

最初は事務的に各銀行口座の口座番号や
保険の証券番号などを黙々と記入していたのですが
途中からページの趣が変わります

どんな風な介護を求めるか

告知や延命処置はどのようにしてほしいか

どんな葬儀を希望するか
遺影に使ってほしい写真、棺に入れてほしいもの、葬儀の時にかけてほしい音楽
大事な人へのメッセージ…

ペンが止まりました

葬儀のことは、正直お任せでいいのですが
「お任せで!」と託せる子どもがいないので
ある程度具体的に書いておいた方がいいな…と思ったものの
全然イメージがわかず…

将来必要なときに備えて…と、軽い気持ちで書き始めたのですが
「これは今の自分の集大成を書いておくものだ」と思い直しました

事務的な処理で誰かが困らないように…というだけではなく
この世でわたしとご縁を結んでくれた人たちに
ちゃんと伝えたいことを記しておくためのもの

いろいろ考えて、これから毎年誕生日に
その都度、そのときの自分として書いていくことにしました

できるなら、書くだけでは無く
折に触れ、感謝は伝えていきたいのですが
なかなかそういう機会も無いですし
ちょっと書こうとしてみたら
思いがけずこの人のこんなところに感謝していたんだということが湧き出てくるという
そんな発見もあったのです

そして、実は遺影用の写真とか、葬送の音楽とか、選ぶの楽しみだし
大事な人への感謝の言葉を書くのも楽しみだったりします

書きかけた今のノートはとりあえず事務的な内容だけきちんと記入して
誕生日には新しいノートに「つたえたいこと」を記そうと思います


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)