足りない は 無い

SNSでキラキラ発信している人たちを見て

あの人たちのように○○をすればわたしもキラキラになれるのかしら
わたしには○○が足りないからキラキラできないんだ…

そんな風に感じることありませんか?

わたしはあります、ありました

リフレクソロジーをメインに仕事をしている頃
「こんな施術も始めました!」
「新しいセラピーを取り入れました!」
「今度取り入れたメニュー、新規のお客様にも大好評」
仲間のそういったキラキラ投稿を見る度に
置いて行かれる感じがして焦ったものです

そうすると
今の自分が持っているものを見ずに
わたしには、知識や技術や…そういったものが足りていない
そういう意識がグルグル回り始めます

わたしには○○が足りない

そういう意識でどれだけの講座に通って
時間とお金を使ってきたことでしょう!!!

プロフィールに書いてあるのは、今のセッションや講座に関わりのある資格だけですが
リフレクソロジーの仕事がメインの時には
リフレの資格だけではなく
フットケアやアロマテラピーや漢方セルフケアや筋ゆるや健康リズムカウンセラーや足圧整体や…
ずらーっと並んでいました

それだけの○○を身につけたらキラキラ(自分比)になれたのか…というと
決してそうではありません

「足りない」を基準に周りを見れば
いくらだって自分が身につけていないものがあふれています

「足りない」を動機に動いている限り無間地獄です

では、本当に「足りなかった」のか…?

わたしの経験で言うと
「足りない」動機で身につけたものは、必要のなかったものばかりでした

もちろん、そこで学んだことは少しは役に立ちましたが
無ければ無いで、軸であるリフレクソロジーがちゃんと出来ていれば十分だったのです

リフレだけでは足りないから、これもいれてみよう…と導入した新メニューは
最初の内こそもの珍しさでリピーターさんから予約が入りましたが
結局,皆さん、リフレに回帰していきました

「足りない」と判断していたのは、わたしの思考だけで
実際には足りていたのです

面白いのは「足りない」とかなんだとか思考の入り込む隙の無いままに
流れに巻き込まれるようにして学んだ数秘、タロット、ソウルコーチは
いつのまにか、わたしの主流になったこと

あの人がやっていてキラキラだから…
わたしには、そのキラキラが足りないから…

そんな思いは微塵もなかったのです

なんだかわからないけれど足を踏み入れたら面白くって…という
「なんだかわからない」動機こそ本物という気がしています

そこに気がついたこの頃は
SNSでキラキラの投稿を見ても焦ることがなくなりました

もし自分には○○が足りないからなんとかしなくちゃ…と思った時には
「わたしには足りないものはない」ことを思い出してみてください

今あなたに備わっている原石を認めて大切に磨く
それが本当の輝きを身につける方法です

関連記事

  1. ちゃんとうまくいく

  2. しあわせは かんたん

  3. 水中で対話

  4. いざ冒険へ

  5. 「頑張る」に替わる

  6. 期待せずに信頼する

  7. 次もその次も…! 秋山峰男先生WS

  8. ほんとうにありがとう

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2021.10.5

    何をする人?
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブページ

カテゴリー一覧