メリークリスマス! 贈り物は「サヨナラ」

Merry Christmas!!!

昨日、畑の行き帰りに少し電車を使ったのですが
駅の近くですれ違った親子らしき女性の二人連れの話が
聞くともなく耳に入りました

「いつもと雰囲気が違うね」
「うん、あんまりクリスマスのムードがないよね」

一応駅前にはクリスマスのオブジェが飾られてはいるものの
空気感が例年の浮き立つようなものではないのは確か…

あなたはどんなクリスマスをお過ごしですか?

 

わたしは実はこの時期「劣等感」を刺激されるシーズンでありました

…ということに気づけたのが今年のメリークリスマスな出来事

どういうことかというと…

このシーズン、クリスマスからお正月にかけて
SNSにアップされるたくさんのお料理の写真!

「我が家のクリスマス」「我が家のお正月」…と
次から次へ、手の込んだおいしそうなお料理やケーキが
ずらーっと並びます

素敵だな、おいしそうだなと思うと同時に
そういった料理をしない(できない?)自分に引け目を感じて
ネガティブな気持ちになるのでした

料理については苦手というよりも
なんでしょう…料理を作ることに無関心な自分がいて
そのプロセスが楽しめないのです

そんな自分を「何かが欠如している」とジャッジして過ごしてきた
何十年…

でもでも、あるとき気づいたのです

「男性に生まれていたら、こんな欠如感あっただろうか?」

ああ…わたしの中にあったのは
「女の子なんだから料理ぐらい出来なくちゃ」という刷り込み…!

「〇〇だから〇〇なければならない」と、子どもの頃にすり込まれたものが
どれだけわたしたちの中に巣食っているでしょう
それが出来る素質と志向を持っていれば何でも無いのですが
たまたまそれを持たなかったら…
そのことで一生要らない劣等感を抱くことにもなりかねないのです

料理に関しては
かなり刷り込みから自由になれました

SNSの手料理の写真も「おお、すごいな」と
絵画作品を見るような気持ちでシンプルに感嘆できるように♫

ちなみにクリスマスイブは
買ってきたローストチキンと買ってきたサラダとインスタントのスープと
買ってきたケーキ!
どれもおいしくて
洗い物係のオット氏は洗い物少なくてラッキーと二重の喜びだったようです

 

さあ、新年に向けて
あなたはどんな刷り込みに気づいてサヨナラしますか?

 

Merry Christmas!

関連記事

  1. そろそろ6月も半ば 揺れていますか?

  2. ほんとうにありがとう

  3. Blossom Bloom Autumn Field  - jplenio / Pixabay

    秋の日

  4. わたしをゆるす

  5. 新陳代謝

  6. いいおしごと

  7. 変われば、変わる

  8. 同じではいられない

最近の記事 おすすめ記事
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブページ

カテゴリー一覧