Heart Flowers Pattern Sweetheart  - ArtJane / Pixabay
数秘学

あきすとぜねこ

突然、頭に「あきすとぜねこ」というフレーズが浮かび
なんだっけ?と検索してみたら…

ウィキペディアに項目がありました →こちら

女子の間ではやった恋占い的な遊びなのでした

いしている
らい

もだち
っこう(絶交)
つあい
いびと

ああ。なんだかちょっと記憶があります…

で、ウィキペディアの解説を読んでいたら
この占いはヘブライの数秘術にルーツがあると!

いつどこで誰が始めたのでしょう…

ちなみに「あきすとぜねこ」では
母音aiueoを12345に置き換えるので
算出方法は数秘術とは異なります
*数秘術ではaiueoは19356に置き換えられます

ですが名前の母音はソウル数を算出するのに用いられ
ソウル数は恋愛関連をリーディングするときに見るので
そのあたりはちょっと共通点があります

試しに巷で人気の「鬼滅の刃」のキャラを
あきすとぜねこで占ってみました

主人公の妹、竈門禰豆子(かまどねずこ)ちゃん
その禰豆子ちゃんのことが大好きな我妻善逸(あがつまぜんいつ)くん

ウィキペディアにあった計算方法でみてみたら…
禰豆子は善逸が「す」=好き
善逸は禰豆子が「き」=嫌い
物語とは全然違う結果になってしまいました…

二人の誕生日はわからないので
名前だけでわかる範囲で数秘で見てみると…

むむむ…共通するところがない二人…
ちょっと恋愛に関しては情熱的で奔放な善逸(ソウル数5)と
奥手で堅実さを求め、相手の人格を重視する禰豆子(ソウル数4/22)
…という図式が見えてきました

どうも「あきすとぜねこ」よりも現代数秘学の方が当たるみたいです

Heart Flowers Pattern Sweetheart  - ArtJane / Pixabay
ArtJane / Pixabay

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)