認知症サポーター

近くの区民センターで開催されていた
「認知症サポーター養成講座」を受けてきました

IMG_6471.JPG

何か特別な資格というのではありません

厚生労働省のサイトによると
認知症サポーターに期待されることは

1 認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。
2 認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。
3 近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
4 地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
5 まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

ということだそうです

90分の講座で「認知症とは何か」「認知症の人に接する場合に心がけること」などの
基本中の基本を学びました

「認知症」というのは病名ではなく
脳の機能に障害が出て生活に支障が出ている状態のことで
その状態を引き起こしている原因が
アルツハイマー病であったり脳血管疾患だったりするのだそうです

現在日本では85歳以上の4人に1人は認知症だとか…
わたしの母も現在86歳
ひとごとではありません

先日、母にわたしの生まれた産院について尋ねたところ
「あらぁ、森小路の交差点の近くにあったんだけど…
病院の名前忘れちゃった…認知症かしら」
という返答がありました

今日の講座の知識で言うと
これは認知症の症状で……はありません

体験の一部(=産院の名前)を忘れるのは
ただの物忘れで
体験そのもの(=娘を産んだこと)を忘れるのが
認知症の物忘れなのだそうです

丸ごと忘れているので
忘れた自覚もないわけです

周りから見たら「どうしちゃったの?」となり
「しっかりしてよ」などと言われるわけですが
本人からしたら
産んだ覚えもない“娘”に
「お母さん、いやあねぇ、わたしよわたし!」と言われるなんて
不安…とか恐怖を感じるに違いありません

単に「認知症になったらいやだなぁ」ぐらいに思っていたのが
その気持ちを想像してみたら
とても切なく胸苦しくなりました

そういう方にどのように寄り添うのか
それを考えるためにも
今回の講座を受けて良かったと思いました

 

ちなみに足もみで認知症の予防…となると
ポイントはこのあたり

1.親指=脳の反射区
2.各指の先端=物忘れの反射区
3.かかと=若返りの反射区

勿論、全部をしっかり揉んだ上で…のポイントになります

ninchisyou.gif

生活習慣の見直しや脳トレ、有酸素運動などと一緒に
取り入れてみてください

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 認知症サポーター
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

今年もこの季節!

IMG_6076.JPG

石巻から届きました!

「福幸つむぎぞうり」

サロンのお客様にもリピーターさんがたくさんいらっしゃいます

もともとは震災後、石巻の仮設住宅の集会所で
作られていたこの手作りの布草履
被災された方々の
心の張り合いや自立のお助けとなってきました

そういうことを抜きにしても
とにかく履き心地が最高なのです

わたしは夏に素足で履くのが大好き
鼻緒が拇趾の付け根(首の反射区)にほどよい刺激♬
ヒミツのポッチが足裏にほどよい刺激♬
そしてしっかり編まれた編み地が足裏の素肌に気持ちいいっ!

少数ですがサロンでも販売しておりますので
この気持ちよさをお持ち帰りいただくことも可能です!

価格は大人用2500円
リライアンスでは完全委託販売のため
消費税はつきません

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今年もこの季節!
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

隠れ〇〇

daichou.gif

こちらの写真のうっすら色がついているライン
いわゆる大腸の反射区です

足を揉ませていただいた時に
この部分がやけにゴリゴリしている方には必ず
「お通じの調子はいかがですか?今朝は快“腸”でしたか?」
伺います

たいていの場合は
「実はちょっと便秘気味で…」とか
「普段は快“腸”なんですけど、今日はまだです」とかいった
お答えが返ってきます

たまに
「いいえ。毎日快“腸”ですよ!」というお答えの場合も…

そうなんです
毎日お通じがあっても
この反射区にゴリゴリを感じる場合があるのです

その場合、「隠れ便秘」というケースだったりします

毎日、お通じはあるのですが
ちゃんと送り出し切れていないということなのです

そんなことあるの?と思われるかもしれません

大腸の反射区がゴリゴリで、「毎日お通じあります」という方は
特に念入りにこの大腸の反射区をはじめ
お通じ改善につながる反射区を施術させていただきます

…そうすると!

翌日だったり、次回ご来店の折にだったり…
「次の日、トイレでビックリしました!」というご報告をいただくのです

普段の生活では気づけない隠れ便秘も
足は教えてくれて
更にしっかり揉むことによって
その解消までしてくれるというわけです

すごいと思いませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 隠れ〇〇
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

グー!…ですか?

サロンでよくお客様に
「足指でグーパーしてみてください」とお願いします

「パーが出来ないんですよ」と自己申告される方、結構いらっしゃいます

足指を開くのに苦手意識がある…ということですね

ところが
「グーが出来ないんですよ」とおっしゃる方は
今までいらっしゃいませんでした

ですが…
実際にグーパーをしていただくと
「ん~それはグーですか?」と確認したくなるケースが
結構あります

5本の足指が全部握れているのがグーです

IMG_3533.JPG

こんな感じです

ところが「グーです」と差し出された足を見ると…

IMG_3534.JPG

こんな感じで親指は伸びたままだったり

IMG_3535.JPG

他の指(この場合は薬指と小指)の握りが浅かったり…

こういう方がかなりの割合でいらっしゃいます
そして皆さんが「グーってこれですよね」と思っていらっしゃるのです

ですが、手でグーを作るときに
どれかの指が伸びた状態…ってありませんよね?

足の指も本来は全部が伸ばすことも曲げることも出来るように
からだはできているはずなのです

それができないのは脳からの信号がうまく届いていないか
力を入れて曲げられないほど筋肉が衰えているか…

どちらにしても大地を踏みしめるはずの足がバランスを崩していると言うことでは?!

また一見全部の指が揃って握れているような方でも
手の指を使って曲げた足指をほどいて伸ばそうとしてみると
いとも簡単に伸びてしまう足指もあれば
てこでも動かない足指もある…といった感じで
力の入り方がバラバラ…ということもあります

力を入れてしっかり握れる足指は普段からちゃんと使えている
そうでない足指は普段使っていない…ということになると思います

ご自分の足指、いかがですか?

きちんと曲げられない、力が入らない足指があったら…
それはからだからのどんなサインなのでしょう?

一つは「反射区」で確認していく見方です

簡単に言うと親指は頭部や首
人差し指と中指は目
薬指と小指は耳に対応しています
曲がりにくい指はあなたの弱点に関連していませんか?

次に「経絡」で確認していく見方です

足の指には様々な経絡の始まりや終わりがあります
親指には脾経(胃腸の不調、女性特有の症状)、肝経(肝の調子、頭痛歯痛など頭部の不調)
人差し指には胃経(消化器全般の様々な症状)
薬指には胆経(耳の不調、頭痛肩こりなど頭部の不調)
小指には膀胱経(内臓全般)
参考文型:いちばんわかりやすい東洋医学の基本講座」佐藤弘 吉川信著 成美堂出版

経絡については専門的に勉強したわけでは無いので
詳しくご説明できませんが
気になるところがあったらチェックしてみるといいかと思います

さらには上のようなからだのサインだけでは無く
トウリーディングを使うと「心の思い癖」も見えてくるかもしれません
(これはご説明すると長くなるのでまたの機会に…!)

何にせよ、今一度自分の足指はちゃんとグーが出来るか確認してみてくださいね

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - グー!…ですか?
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

初夏!

IMG_2642.JPG

いつのまにか、葉桜も緑を深めてきました

この数年、感じるのは
季節の移り変わりが急激に進むということです

「寒い…」から、一気に「暑い」に進むような…

これではからだはびっくりです

生き物は環境が変化しても
体内の状態は一定に保とうとする働きがあります

いわゆる恒常性、ホメオスタシスです

このために働くのが
免疫系
内分泌系(ホルモン)
自律神経系
です

若石リフレクソロジーの三大効果のひとつに
「ホルモンのバランスを整える」というのがあります

急激な季節の変化に戸惑うからだを
うまく適応させるために
足もみの力を借りましょう!

内分泌系の司令塔と言われる反射区は
「下垂体」です
簡単に場所を説明すると
足の親指の腹のまんなかあたり

自分でポイントがつかめる人は点押しでケアを
なかなか正しくとらえるのが難しい反射区の一つなので
まずは足の親指を丁寧にもみほぐしてみましょう

急に暑くなると
水分補給も忘れがちです
足もみの後は水分もしっかり採ってあげてくださいね

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 初夏!
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア