認知症サポーター

近くの区民センターで開催されていた
「認知症サポーター養成講座」を受けてきました

IMG_6471.JPG

何か特別な資格というのではありません

厚生労働省のサイトによると
認知症サポーターに期待されることは

1 認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。
2 認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。
3 近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
4 地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
5 まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

ということだそうです

90分の講座で「認知症とは何か」「認知症の人に接する場合に心がけること」などの
基本中の基本を学びました

「認知症」というのは病名ではなく
脳の機能に障害が出て生活に支障が出ている状態のことで
その状態を引き起こしている原因が
アルツハイマー病であったり脳血管疾患だったりするのだそうです

現在日本では85歳以上の4人に1人は認知症だとか…
わたしの母も現在86歳
ひとごとではありません

先日、母にわたしの生まれた産院について尋ねたところ
「あらぁ、森小路の交差点の近くにあったんだけど…
病院の名前忘れちゃった…認知症かしら」
という返答がありました

今日の講座の知識で言うと
これは認知症の症状で……はありません

体験の一部(=産院の名前)を忘れるのは
ただの物忘れで
体験そのもの(=娘を産んだこと)を忘れるのが
認知症の物忘れなのだそうです

丸ごと忘れているので
忘れた自覚もないわけです

周りから見たら「どうしちゃったの?」となり
「しっかりしてよ」などと言われるわけですが
本人からしたら
産んだ覚えもない“娘”に
「お母さん、いやあねぇ、わたしよわたし!」と言われるなんて
不安…とか恐怖を感じるに違いありません

単に「認知症になったらいやだなぁ」ぐらいに思っていたのが
その気持ちを想像してみたら
とても切なく胸苦しくなりました

そういう方にどのように寄り添うのか
それを考えるためにも
今回の講座を受けて良かったと思いました

 

ちなみに足もみで認知症の予防…となると
ポイントはこのあたり

1.親指=脳の反射区
2.各指の先端=物忘れの反射区
3.かかと=若返りの反射区

勿論、全部をしっかり揉んだ上で…のポイントになります

ninchisyou.gif

生活習慣の見直しや脳トレ、有酸素運動などと一緒に
取り入れてみてください

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 認知症サポーター
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

今年もこの季節!

IMG_6076.JPG

石巻から届きました!

「福幸つむぎぞうり」

サロンのお客様にもリピーターさんがたくさんいらっしゃいます

もともとは震災後、石巻の仮設住宅の集会所で
作られていたこの手作りの布草履
被災された方々の
心の張り合いや自立のお助けとなってきました

そういうことを抜きにしても
とにかく履き心地が最高なのです

わたしは夏に素足で履くのが大好き
鼻緒が拇趾の付け根(首の反射区)にほどよい刺激♬
ヒミツのポッチが足裏にほどよい刺激♬
そしてしっかり編まれた編み地が足裏の素肌に気持ちいいっ!

少数ですがサロンでも販売しておりますので
この気持ちよさをお持ち帰りいただくことも可能です!

価格は大人用2500円
リライアンスでは完全委託販売のため
消費税はつきません

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今年もこの季節!
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

足揉み、台湾 その2

台湾で受けた足揉み3回の内2回は
どちらも台湾の若石本部で指導されている
ベテランの先生の施術でした

もともとは会長の点穴の施術を受けたくて
台湾行きを決めたのですが
それはお預けになってしまいました…
次回は必ずっ!

でも、このお二方の施術を受けられて
本当にラッキーでした!

その施術の「深さ」は
ほんとうにからだにしみました

IMG_5321.JPG

徐先生

初日に足を揉んでいただいた徐先生からは
中医学的な足の見方(特に陰陽)
実証の出ている反射区の揉み方
かかとの反射区をしっかりと見る方法
などに加えて
わたし自身のセルフケアの足りていない箇所も指摘していただけました
それだけでなく、徐先生には
何度も「足、きれい!」「5年前(2012年にも施術を受けました)より若い!」
お褒めいただいたのが、自分の自信にもなりました!
うふふ♬

IMG_5472.JPG

マルコ先生と

最終日に若石本部で足揉みと点穴をしていただいたマルコ先生からは
ひとさまの足を揉む者として
自らの「氣」を充実させることの大切さ
を教わりました
そして点穴の施術では劇的に自分の骨格が変わる体験をしました!
今は本部ではなくご自身のサロンでお仕事をされているのに
わざわざわたしのために本部へ来てくださったことにも
大感謝です!
(会長がお留守ならマルコ先生に!とわたしがリクエストしたのでした)

あっという間の4日間でしたが
中身はぎっしりでした

お天気の関係で生きたいと思っていた場所に行けなかったり
会長にお会いできなかったり
それもまたすべて
「またおいで」という台湾からのサイン…!
また、行きます!

IMG_5468.JPG IMG_5470.JPG IMG_5469.JPG

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 足揉み、台湾 その2
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

足揉み、台湾 その1

三泊四日の旅で若石の足揉みを2回
それ以外の足揉みと巻き爪ケアを1回
首肩から頭部のマッサージを1回
若石の施術の一つである「点穴」を1回
受けました

台北の街中は足裏マッサージだらけです

特にわたしの泊まったホテルのエリアは
日本のビジネスマンが多いところで
1ブロックに2件ぐらいの勢いで足裏マッサージのお店があります

その中の一軒に飛び込みで入ってみました

目的はリフレよりも「爪切り」
台湾式の巻き爪ケアを受けてみようと
メニューに「爪切り」のあるお店を選びました
スタッフは複数いましたが
「爪切り」は全員が出来るわけではなく
出来るスタッフが休憩から戻るまで少し待ちました

ドイツ式のように色々な器具を使うのではなく
1本のへらのような道具でどんどん爪の形を整えていきます
これは見事でした

同じスタッフにリフレもお願いしたところ
若石の施術とは全然違うので「へぇ~!」
バリ島で受けたリフレもそうでしたが
「歩き疲れた観光客の足を癒す」揉み方なんだなと思いました

それはいいとして…
この台湾のスタッフと
バリ島のスタッフなら
バリのお姉さんの圧勝です!

ひとさまのからだに触れる施術で
勿論技術の巧拙も大切ですが
わたしはそれ以上に「真心」だなぁと
改めて思いました
そういうものは必ず肌を通して伝わります

「真心」大切に仕事します!

05B238B3-7D65-4CD4-B34F-4A61764FF4CB.jpg

シンプルな道具一本で見事に整えられた爪♬

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 足揉み、台湾 その1
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

隠れ〇〇

daichou.gif

こちらの写真のうっすら色がついているライン
いわゆる大腸の反射区です

足を揉ませていただいた時に
この部分がやけにゴリゴリしている方には必ず
「お通じの調子はいかがですか?今朝は快“腸”でしたか?」
伺います

たいていの場合は
「実はちょっと便秘気味で…」とか
「普段は快“腸”なんですけど、今日はまだです」とかいった
お答えが返ってきます

たまに
「いいえ。毎日快“腸”ですよ!」というお答えの場合も…

そうなんです
毎日お通じがあっても
この反射区にゴリゴリを感じる場合があるのです

その場合、「隠れ便秘」というケースだったりします

毎日、お通じはあるのですが
ちゃんと送り出し切れていないということなのです

そんなことあるの?と思われるかもしれません

大腸の反射区がゴリゴリで、「毎日お通じあります」という方は
特に念入りにこの大腸の反射区をはじめ
お通じ改善につながる反射区を施術させていただきます

…そうすると!

翌日だったり、次回ご来店の折にだったり…
「次の日、トイレでビックリしました!」というご報告をいただくのです

普段の生活では気づけない隠れ便秘も
足は教えてくれて
更にしっかり揉むことによって
その解消までしてくれるというわけです

すごいと思いませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 隠れ〇〇
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア