こんなにご無沙汰

ブログを書き始めてから
こんなに投稿しなかったのは初めて…!

7月上旬に台湾へ行き
そこで体調を崩すなど
色々とありました

普段から「健康」を口にしているのに
旅先でこんなことになるとは!

でも、これも必然なのですね

同行の仲間たちが観光している間
部屋で休みながら
これは「コントロールの手放し」要請だなぁと…

数秘でわたしの持っている「8」は
コントロールのナンバー

自分の思い通りにものごとを制御したいのです

ほどよく発揮できれば
組織をまとめたりリーダーシップをとったり
…よい働きをするのですが
「8」を2つ持っているわたしは
コントロールしようとしすぎるきらいがあるのです

ある意味「支配欲」です

自分一人の時には
それでも気ままな旅が出来るのですが
複数になると俄然コントロール欲が…!
もう細かいところまで制御したくなってしまうのです

そんなわたしにからだを使ってだれかがストップかけました

幸い、ホテルの部屋はとっても居心地のよい空間で
シーツの肌触りも気持ちよく
横になって休んでいたら、少し体調も回復
近場で観光も楽しめました

帰ってきてからも
色々と「!」となることが多く
わたしの2018年7月は手放し月間となりました
(「9」の月だからね♬)

IMG_0142.JPG

台北の路地で見かけたキュートな美容院♬


足揉み、台湾 その2

台湾で受けた足揉み3回の内2回は
どちらも台湾の若石本部で指導されている
ベテランの先生の施術でした

もともとは会長の点穴の施術を受けたくて
台湾行きを決めたのですが
それはお預けになってしまいました…
次回は必ずっ!

でも、このお二方の施術を受けられて
本当にラッキーでした!

その施術の「深さ」は
ほんとうにからだにしみました

IMG_5321.JPG

徐先生

初日に足を揉んでいただいた徐先生からは
中医学的な足の見方(特に陰陽)
実証の出ている反射区の揉み方
かかとの反射区をしっかりと見る方法
などに加えて
わたし自身のセルフケアの足りていない箇所も指摘していただけました
それだけでなく、徐先生には
何度も「足、きれい!」「5年前(2012年にも施術を受けました)より若い!」
お褒めいただいたのが、自分の自信にもなりました!
うふふ♬

IMG_5472.JPG

マルコ先生と

最終日に若石本部で足揉みと点穴をしていただいたマルコ先生からは
ひとさまの足を揉む者として
自らの「氣」を充実させることの大切さ
を教わりました
そして点穴の施術では劇的に自分の骨格が変わる体験をしました!
今は本部ではなくご自身のサロンでお仕事をされているのに
わざわざわたしのために本部へ来てくださったことにも
大感謝です!
(会長がお留守ならマルコ先生に!とわたしがリクエストしたのでした)

あっという間の4日間でしたが
中身はぎっしりでした

お天気の関係で生きたいと思っていた場所に行けなかったり
会長にお会いできなかったり
それもまたすべて
「またおいで」という台湾からのサイン…!
また、行きます!

IMG_5468.JPG IMG_5470.JPG IMG_5469.JPG


足揉み、台湾 その1

三泊四日の旅で若石の足揉みを2回
それ以外の足揉みと巻き爪ケアを1回
首肩から頭部のマッサージを1回
若石の施術の一つである「点穴」を1回
受けました

台北の街中は足裏マッサージだらけです

特にわたしの泊まったホテルのエリアは
日本のビジネスマンが多いところで
1ブロックに2件ぐらいの勢いで足裏マッサージのお店があります

その中の一軒に飛び込みで入ってみました

目的はリフレよりも「爪切り」
台湾式の巻き爪ケアを受けてみようと
メニューに「爪切り」のあるお店を選びました
スタッフは複数いましたが
「爪切り」は全員が出来るわけではなく
出来るスタッフが休憩から戻るまで少し待ちました

ドイツ式のように色々な器具を使うのではなく
1本のへらのような道具でどんどん爪の形を整えていきます
これは見事でした

同じスタッフにリフレもお願いしたところ
若石の施術とは全然違うので「へぇ~!」
バリ島で受けたリフレもそうでしたが
「歩き疲れた観光客の足を癒す」揉み方なんだなと思いました

それはいいとして…
この台湾のスタッフと
バリ島のスタッフなら
バリのお姉さんの圧勝です!

ひとさまのからだに触れる施術で
勿論技術の巧拙も大切ですが
わたしはそれ以上に「真心」だなぁと
改めて思いました
そういうものは必ず肌を通して伝わります

「真心」大切に仕事します!

05B238B3-7D65-4CD4-B34F-4A61764FF4CB.jpg

シンプルな道具一本で見事に整えられた爪♬


台湾、好

三泊四日、台北の旅、満喫してきました

懐かしい人に会ったり
初めての経験をしたり
美味しいものを食べたり
そして4日間で3回、足揉みを受けてきました

受けた印象は「変化しているなぁ」ということ

その中でも勿論変わらないものもあります

龍山寺では朝から老若男女が集まって
お経を唱えています
すぐ近くの薬草店には山積みになった青草
狭い路地もバイクが走り
鶏肉屋の店先には羽をむしられた鶏が何羽もぶら下がっています

その一方で街中には高感度のカフェやショップがたくさん出来ています
台湾でイメージするような赤や金…ではなく
シンプルなナチュラルカラーのインテリア
東京にいてもニューヨークにいてもパリにいても
すっとなじむ雰囲気のファッションの人たち

どちらも今の台北です

歩いていてエネルギーを感じるのは
圧倒的に前者です

後者もきっと若い世代が新しい台湾を作ろうと
街づくりをがんばっているのだと思います

どちらの台湾もわたしは好き

でも、その土地からわき上がるような
土着のパワーだけは絶対に失わないで欲しいと思いました

IMG_5352.JPG

朝の龍山寺

IMG_5461.JPG

古い町工場街に新しいおしゃれな店が進出して不思議な雰囲気


5年ぶりの台湾へ

このブログのカテゴリに「台湾」があるのをご存じでしょうか

わたしもすっかり忘れていました(汗)
記事数はわずか9件
1件は先日書いた「全部足に出る」話で
その前は2012年にさかのぼります

国際若家貴健康研究会創立30周年記念式典に参加するために
台湾を訪れたときの記事です

あれから5年

今年3月、久しぶりに台湾へ行きます!

「全部足に出る」の陳会長のすごさを身をもって感じ
ほかにも達人と言われる先生方の足揉みを受けてくるつもりです
…かなり痛い思いをしそうですが…

あ、もちろんあんなものやこんなもの
美味しいものたくさん食べてきます
今から胃腸の反射区をしっかり揉んでおかなければ…!
(こちらはあくまでも【ついで】です~)

前回の台湾訪問には「決心」が必要でした

うつ病のため、長く旅行を禁じられていたからです

小さな不安を抱えて訪れた台湾
帰ってくるときには「わたし、元気になったんだなぁ」と感無量でした

毎日のセルフリフレのおかげで
今は気楽に旅に出られます

そんな嬉しさもかみしめながら
行ってきます!

IMG_0201.JPG

2012年の台湾