意外や意外!夏に人気♬

IMG_3392.JPG

 リライアンスのサロンで販売している
こちらの絹綿二重編みサポーター

寒い季節は勿論ですが
実はこの季節の人気商品です

気温は高くても
日中のほとんどの時間を
冷房の効いた室内で過ごすことが多いのが現代人

思いの外
膝から下は冷えているのです

でもウールのレッグウォーマーでは暑苦しい…というときに
肌に触れる側が絹、表は綿
そしてずり落ちないけれど
締め付けも無いという
絶妙の履き心地のこのサポーターが
お役に立ちます

リピーターさんもたくさん!
自分で履いて良かったからと
ご家族やお友達のプレゼントにされる方もたくさんいらっしゃいます

サロンのお客様には特別価格で販売していますので
ご来店の際に是非触り心地を味わってみてくださいね


濃い時間 -初級プロ講座

今年一期目の初級プロ講座、始まりました

今回の受講生さんはリライアンスとのおつきあいも長く
従ってセルフケア歴も長く
リライアンスの各種講座の受講歴も多く
他講座でもリフレクソロジーを学び…
という方なので
初級プロ講座の内容も一般よりも深く濃いものとなっています

少人数での講座なので
リライアンスの「若石健康法初級プロ講座」は
受講生さんのニーズや学習歴に合わせて
基本のシラバスをアレンジしてご用意できます
“通りいっぺん”ではないのです

わたしからの「これだけは必ず身につけていただきたい」ことと
受講生さんの「これだけは必ず身につけたい」ことを
きちんとすりあわせて毎回授業内容を組んでいます

わたしがリライアンスで初級プロ講座を受ける方に
必ず身につけていただきたいのはこの2つ

  1. ・足を、自分を大切にする心 -丁寧に
  2. ・毎日のセルフケアの習慣 -こつこつと

足を、自分を大切にするためには
体に負担のかからない手技も大事です
正しく反射区をとらえることも大事です
足からのメッセージを読み取ることも大事です

そして足揉みは頭でわかっただけでは役に立たない健康法です
毎日の実践が何より大事です
初級プロ講座で学ぶ間に毎日のセルフケアを習慣にしていただくために
日誌をつけていただきます
これが後になって振り返るとどんな本よりも役に立つのです
たとえ目的が「セラピストになる」方でも、いえ、だからこそ
セルフケアを徹底して実践していただきます

全20時間の講座が終わったときには
足が自分が愛おしくなり
毎日足を揉むのが当たり前のことになり
心身共に元気になっている…
そんな濃い時間を過ごせるのが「初級プロ講座」です

2016-01-23_003902812_42AEF_iOS


わたしの足はどんな足?

これが8月のマンスリー講座のテーマです!

講座…というよりも、ワークショップ です

わたしは講師では無く「水先案内人」として
ご参加の皆さんの「自分の足再発見」の旅をサポートします

足を「見る」のに知識も勿論大事ですが
それよりも「見て感じる」こと…なのです

この場所は胃の反射区で
赤くなっているのはこういう意味だから…

…と頭の知識から入るのでは無く

自分の目でじっくり自分の足を見る
「見る」より「観る」のほうがしっくりきます
そして感じる

そこからワークショップが始まります

そして、自分の足も大事なのですが
そればかり観ていると
「わたしの素敵な個性」に気づけないことも多いので
参加者同士で足を見合うこともしていきます

足をよーく観ると
きっと今よりもっと心も体も健康になれるヒントが
いっぱい見つかるはず

皆様のご参加をお待ちしています!

8月のマンスリー講座
『わたしの足はどんな足? ~足から色々見えてくる』ワークショップ

日時: 平成27年8月2日(日) 10:00-12:00
場所: 大田区民プラザ 東急多摩川線下丸子駅目の前
参加費: 2000円 ←初のワークショップに付き特別料金です!
くわしくは こちらのページ でご確認ください

Soles of a Couple and Their Child


もっと足を見ましょう

この夏のテーマはこれです

「足を見る」

どうしてか?

素足になることが多い季節なので
見やすいから…という身も蓋もない理由です

寒い時期に靴下を脱いで足を見るのは結構億劫
だから「足を見る」習慣を付けるのは
夏が最高にいい!と思ったのです

後日サイトにもアップしますが
8月のマンスリー講座は
「足を揉む」ではなく「足を見る」ワークショップになります

「足を揉む」のがからだにいいのは知っているけれど
「足を見る」メリットは何?

と、思われる方もいらっしゃるでしょう

足にはいろんな情報が詰まっています

まず一番にわかるのは
自分のからだの状態です

慢性的に弱いのはどのあたり?
今疲れているのはからだのどの部分?
このあと調子を崩しそうなのは?

ただ、今日初めていきなり足を見ただけでは
見えてくる情報は限られます
毎日見ることで「普段の自分の状態」
「普段と違う自分の状態」が見えてくるのです

「あれ?いつもと違う?」という気づきが
病気予防にもつながります
とっても大事なことなんです

8月のワークショップでは
参加者の方全員でお互いの足を見ることで
「自分の足」を知るのが狙いです

「みんなこうなんだと思っていました!」

いえいえ実はそうじゃないんですよ
それはあなたの足の特長、個性なんですよ

そんなびっくりいっぱいのワークショップをお楽しみに!

ブログでも今月は足の見方を主に取り上げる予定です219eb990f10ea75dc7793579d1f6fd40_s


夜中のセルフ足もみ

20代前半に膀胱炎にかかってから
(ちゃんと完治させたはずなのに)
冷えたり疲れたりするたびに
何度も発症していました。

なので予兆には敏感です。

若石健康法に出会う前は
予兆を感じても
「ああ、まただぁ…」と落ち込むばかり。
実際に症状が出てから
病院へ行って抗生物質を処方してもらうだけでした。
無為無策とはこのことです。

でも!今は違う!

先日、就寝前にトイレに行くと
いや~な鈍い痛みというか違和感…
「すぐそこまで来てるな…膀胱炎マン!」

その前に足は揉んでいたので
ちょっと様子見を見つつ布団へ。

すると夜中に、
膀胱炎マンが
じわじわとこちらのエリアに侵入してくる気配で目が覚めました

実際の膀胱あたりの違和感だけではなく
輸尿管の反射区が張って熱っぽい感じが…

「膀胱炎マン、そうはさせないっ!」とばかりに
布団の中で基本ゾーン(泌尿器の反射区エリア)を
数回ぐいぐいと揉みます。
台所で水をコップ一杯飲んで
もう一度ぐいぐい…
そしてトイレへ。

再び布団に入ってからはT.E.A.の呼吸で仕上げ。

おかげで翌朝まではぐっすり。
違和感、膀胱炎マンの気配は完全に消えていました。

若石のセルフ足もみを身につけてからは
膀胱炎で抗生物質を飲むことと
偏頭痛で鎮痛剤を飲むことは
無くなりました。

足はやっぱりすごいです。

基本ゾーン

基本ゾーン


こちらが基本ゾーン(泌尿器系統)の反射区です!