ドライアイ

仕事でパソコンを長時間使うと、どうしてもまばたきの回数が減って目が乾きやすくなります。

そんな時は人差し指と中指の付け根にある目の反射区を刺激してみましょう。

ドライアイで通院されている方は目の反射区を軽く押しただけで“切り裂かれているみたいに痛い!”と飛び上がっていました。その後、じわっと涙が出てきました。(え、痛さで泣いた?!)

先日、右目が充血しているオット氏の足を揉んだ時、対応する目の反射区は皮がむけてボロボロになっていました。数日後、充血がとれたら皮むけもおさまっていました。

若石の反射区は全部で64カ所ありますが、中でも目の反射区は好不調が顕著に表れるところだと思います。眼精疲労からくる首や肩のこりのある人もここに出てきます。

足の反射区を刺激するならこんな感じで。回数はゆっくりで3~5回で十分です。

人差し指と中指の間にぐっと指を入れる

指の間にたまった老廃物をかき出す気持ちで指を手前に引く

爪を立てないように気をつけてください。

手も同じところが目の反射区になります。やはり回数は3~5回。

人差し指と中指の間をぎゅっとつまむ

ひっぱって放す

 

ドライアイだけではなく、疲れ目など目のトラブル全般におすすめです。
蒸しタオルなどでホットパックもいいですね。


頭すっきり

このところ、色々と考えることが多くて頭がもやもや…。

で、すっきりさせたくてあれこれ試してみたのですが、その中で簡単で効果を実感できたのが“指ぬき”です。指ぬき?という方、下をご覧ください。

このように一方の指の第1関節の上あたりをもう一方の人差し指と中指の第2関節できゅっと挟みます。

 

 

手のひら側から見るとこんな感じです。

きゅっと挟んだら指先の方に向けて2本の指をひっぱります。

 

 

これで終わり。

これを10本全部の指で繰り返します。

 

 

ご紹介したのは指の両脇を挟む方法ですが、爪側と指の腹側を挟んでもいいですし、指の根本から一気にやっても気持ちが良いです。

居眠りしちゃいそう…なんていうときもおすすめです。

あ、足が出せるときには足の指でもOKですよ。


朝、右の腰が重く感じて「なぜ?」と考えました。

原因はたぶん昨日の買い物。

普段はアメリバッグという荷重分散型のワンショルダーで左右のどちらかだけに大きく負担をかけないようにしています。

昨日もメインの荷物はアメリバッグだったのですが…。

勉強会の後、本を何冊かとほかにも買い物をして、サブバッグにいれていたスケッチブックやペンと合わせたら結構な荷物になりました。

それをずっと右手で持っていたんです。

どうしたって体のバランスが崩れます。

若石リフレでは施術の時に利き手だけではなく、両手を同じように使って施術します。片方だけに負担がかかり施術者の体を傷めることのないように考えられているのです。

でも、普段の生活ではどうしても利き手ばかりを使いますよね。

うーむ…と考えて、今日から利き手じゃない左手にも意識しで頑張ってもらうことにしました。

今日の左手の仕事はフローリングのモップがけや掃除機、セーターの毛玉とりなど。モップがけのように全身を使う作業だと手だけではなく、重心もいつもと違うのが感じられます。右の腰の負担も軽く感じました。

右脳の活性化にもいいかもしれない!ということで、これから左手を使うことを意識したいと思います。


がんばれ、左手!