わたしのreliance

c1a2ef789d5244e184d43017c6f293c0_s.jpg

普段スポーツ中継はあまり見ないけれど
オリンピックとなると
やっぱり見ちゃいます

アンコールワットの旅から帰ってきたら
始まっていました
冬季オリンピック…!

見てしまいました
そして何度も涙してしまいました
特に小平奈緒選手と李相花選手の500mスピードスケートは
ニュースで見かけるたびに泣いていました

羽生選手の金メダルも泣いたし
宮原選手の自己最高更新にも泣いたし
カーリングでも泣いたし
パシュートでも泣いたし
ノルディック複合でも泣いたし
男子アイスホッケーの決勝でも泣きました

オリンピックでこんなに泣いたのは
生まれて初めてです

何に涙が出たのか?というと

それぞれの選手が「自分を信頼する」
その強さに心を揺さぶられたのです

けがだったり
不遇な環境だったり
強すぎるライバルだったり
彼らの前に立ちふさがるたくさんの壁を
「自分を信じる」ことで打ち壊し乗り越えてきた
その強さです

けがをして「駄目かもしれない」と思ってしまったら
劇的な復活はなかったでしょう
厳しいリハビリにも練習にも耐えられなかったでしょう

自分には無理と思ってしまった瞬間に
無理になる
のです

自分を信頼できるかできないか
それが大きな分岐点です

オリンピックの舞台で輝くアスリートに
自己信頼を学ばせてもらいました

お客様に信頼していただけるサロンになりたいという思いで
「リライアンス」という名を付けた
この小さなサロンですが
実はお客様以前に
わたしが自分をきちんと信頼すること
それこそわたしの「リライアンス」
なのだということ!
肝に銘じました


月光浴

IMG_0925.JPG

1月1日から2日にかけて今年初めての満月でした
写真は2日夜の月
正確にはもうかけはじめているのですが
それでも窓の外が明るく感じるぐらいの光でした

日の光を浴びる
月の光を浴びる

どちらも人間にとって当たり前のことだったのに
現代人はその恩恵に文字通り浴していないかも

今年はもっと日の光や月の光を感じて生きていきたい


パートナー

先日の数秘術のクラスで
「相性の見方」を学びました

わたしは自分とオット氏をサンプルに…

ふむふむ…オット氏はとても自立した人で
様々な要素がバランス良く揃っている…ふむふむ

わたしは…無いものだらけ!

ところが、オット氏に唯一足りない部分を
わたしがしっかり持っているという
凸凹コンビっぷり!!!

わたしも結構自立したタイプなので
通常はお互いが自分のしたいようにして過ごし
でもわたしは自然とオット氏から色々な恩恵を受けていつつ
オット氏自身では得られないような刺激を与えている
そんな関係…という…

正に!

オット氏は本当に「出来た人」で
わたしは甘えっぱなしでいいのだろうかと
思うこともありました
あっちこっちに勉強しに出ていき
旅に出て…と好き勝手なことしているわたし
少々気が引けていました

でもそれで二人のバランスが取れていたのです

感謝こそすれ
引け目に思うことは無かったのです

ああ、数秘術が面白くて仕方が無い♬

partner.jpg


奄美大島で見つけたもの

もう帰ってきてから10日経つのですが
奄美大島に行ってきました

トウリーディングの師であり
ヒーラーとしてのわたしの導き手の
タッキー先生のリトリートです

昨年のバリもそうだったのですが
タッキー先生との旅は
たくさんミラクルが起きます

今回はやまださんの病気が気がかりで
ぎりぎりまでキャンセルも考えたのですが
直前に具合が持ち直したこともあって
思い切って参加してきました

到着した日は満月

浜辺での瞑想で浮かんできたのは
会ったことのない母方の祖父でした
母でさえ会った記憶の無い祖父です

祖父もわたしたち孫の存在を知らなかったのでは…

写真も無いので顔も知りません

正直、会いたいと思ったこともありませんでした

でも浜辺で空に包まれていたときに
なぜかおじいちゃんを感じたのです

母が祖父と生き別れたことも
わたしがその母から生まれたことも
全部理由があるのだと感じました

“いないもの”にしていた祖父

そんなわけありません
いなければ母もわたしもこの世にいません

わたしにつながる存在を断ち切っていたら
わたしの一部分もかけたまま…

満月の浜辺でそのかけらを見つけた…

奄美の旅はそんな旅でした

※写真は翌朝の日の出です

IMG_7232.JPG


お白湯がパワーアップ!

サロンでお出ししているお白湯
「美味しい!」とよくお褒めいただきます

リフレの施術で流れ始めた老廃物を
しっかり体の外に出すために
施術後のお白湯は必須

リライアンスのお白湯は
浄化した水を
たっぷりの時間沸騰させて
自然に冷ましたものです

必ず10分以上沸騰させる
自然に冷ます(水を足さない)

これだけ心がけると
まろやかで優しいお白湯になります

そして…今日出かけた先で
このお白湯をパワーアップしてくれそうな
優れものに出会いました

じゃーん!

IMG_6853.JPG

備前焼の水差しとカップです!

釉薬をかけずに高温で長時間焼かれた備前焼

昔から
備前焼の水瓶に入れておくと
水が腐らない
備前焼の茶壺は茶葉がしけない
備前焼の器で飲むと水もお酒も
美味しくなる
…と言われているそうです

写真だと見えづらいかもしれませんが
炎の渦が表面の模様になっています

土、火、それを巻き起こす風
そして…水
四大元素のパワーが取り込めそうです