枠を外す

数秘のお話です

今年に入ってから
たくさんの方にモニターセッションを受けていただきました

まだ勉強中で至らない点もあるものの
それでも皆さんが「!」となるのは
数秘の深さだと感じる毎日です

実はセッションさせていただく中で
わたし自身も自分の半生に「!」となっています

先日「5」という数字をたくさん持つ方のセッション中
「どんどん海外に行って【枠】を外しちゃったらいかがですか?」
と発した言葉がひゅーんと自分に返ってきました

20代後半、仕事で初渡航
1週間のフランス滞在でカルチャーショックを受けまくって帰国
そこから機会あるごとに海外へ出かけ
会社を辞めた後は日本語教師に…

日本にいると当たり前のことが
違う文化の土地では全然当たり前ではないのです
日本の文化の中で育ったわたしが当たり前と思うことが
違う文化を背景に持つ人には全然当たり前ではないのです

20代の終わりから30代
旅行先で仕事先でたくさんの異文化に出会い
自分の身についていた尺度は
あくまでもこれまで自分が育った文化圏のものであって
異なる尺度は世界中にたくさんある
…と知りました

この時期、今振り返ると「5」そして「14」という数字を持つ
人生のサイクルを生きていたのでした

「5」のテーマは自由、変革
「14」は異文化との交流と異なるものの統合
非常勤講師でバイトを掛け持ちしながら
自由に、刺激を求めて生きていた時代にぴったり当てはまります

ところが、
その後、せっかく外せそうになっていた枠組みが中途半端になっていた…
そのことに気づいたのは数秘を学び始めてからです
枠組みの無意味さや外し方を学んだはずなのに
また色々な枠組みに縛られかけていました!

でも、それ(枠組み)が自分を制限していることに気づけたのも
あの時代の経験があったからです

セッションをしていて
クライアントさんが自縄自縛になっている
その枠組みに気づけるのも
あの時代の経験があるからです

人生ってちゃんと出来ています

うん

*数秘リーディングモニター募集中*

IMG_8489.JPG

カンボジアのトイレの注意書き 左二つはわかるけれど…右の二つは?


こぶしを開く

d1d5d8003c68598820f804ed7860308a_s.jpg

数秘の最終授業に向かっているときに
かたく握ったこぶしを開くイメージが浮かびました

こぶしをしっかり握ると
力が入ってなんだか力強くなった感じがします
攻撃したり守ったり
そんな時には強い味方になるでしょう

でも、こぶしのままでは
何か素敵なプレゼントを差し出されても
受け取ることも出来ません

わたしの心に浮かんだ「こぶし」が表していたのは
「思い込み」
でした

〇〇でなければならない
〇〇べきだ
〇〇は不可能だ

などなど…

こういう思い込みは
自分を守るのに便利だったりします
こぶし突き上げて腕をグルグル振り回していたら
わたしを傷つけようとするものも
近づいてこられません
そうやって自分を守ることが出来るのです

一方でわたしは何も受け取ることが出来ません

ずっと握りっぱなしでいると
こぶしがほどけにくくなります

思い込みも重く硬く心に沈みます
からだでは足指に沈み
足指の形を変えてしまいます

トウリーディングのセッションを受けても
なかなか足指に変化の起きないケースがあります
「思い込み」があることを認めたくなかったり
本当は「思い込み」は不要だと感じているのに
無防備になる気がして
手放せなかったり…

こぶしを握っていて
新しいものを受け取れますか?
自分に似合う服に着替えられますか?
美味しいものを食べられますか?
大切なひとの手を取れますか?

ついこぶしを握ってしまうクセのある人
こぶしを握りっぱなしの人
やさしく1本ずつ指を開いていきましょう

広がった手のひらに
一番欲しいもの
一番好きなもの
あなたのいちばんを載せてあげてください

そうすると
きっと新しい素敵なものが
あなたの手のひらに飛び込んできますよ


まっすぐ前へ!〜骨ストレッチとトウリーディング

最近少し話題にしていなかった「骨ストレッチ」

外側体重になりやすいというお客様に
ダブルTの立ち方をアドバイスしました

普通に立った時には
肩を押されると簡単によろけるのに
ダブルTで立つと
驚くほど揺るがなくなります

わたしには当たり前…ですが
初めての方は皆さんビックリ

わたしも初めて講習受けた時は
ビックリの嵐でした

ダブルTというのはこちら

IMG_7423.GIF

両足の第三趾から
くるぶしをつなぐラインに垂直に線を引き
その線が平行になるように足を置いて立ちます

これだけで體(からだ)がぶれなくなります
更に前屈が深くなります

骨ストレッチの基本中の基本で
筋肉に頼らず
いわゆるストレッチもせずに
體が本来の力を取り戻す
そんなポジションなのです

拇趾でも第二趾でもなく
「第三趾」

トウリーディングで
この第三趾のテーマを知った時
思わず「なるほどっ!」と心の中で声をあげました

第三趾のテーマは「行動、情熱」

それをまっすぐ前に向けるわけです

嘘偽りのない
自分自身がこの世でなすべきこと
本当の自分から発する情熱

それをまっすぐ前に向ける

そうすると
體が
本来の力を取り戻し始めるのです

ダブルTを
骨ストレッチを体験すると
自分の體って
こんなに楽に軽やかに動くものだったのか!
と、驚きます

親に言われたから
世間に求められたから
常識だから…と
自分の行動の方向を偽ってませんか?
まっすぐ前に向けてみたら
驚くほど軽やかに
人生そのものが動き始めます

ダブルTで歩きましょう

何かが必ず変わります


幸せになろうよ

なんだかとっても
どストレートなタイトルですが…

もう、みんなで幸せになっちゃいましょうよ!

7f1c9bc715f39ecafbfc95f73a447da1_s.jpg

近頃は足を揉みながらも
なんだか個人セッションぽくなることが多いのですが

もう遠慮しないで幸せになりましょうよ!

ってよく思います

だって本来はみんな幸せになるために
生まれてきたんだもの

ではどうすれば幸せになれるのか?

ものすごくシンプルですが
日常のささやかなことの最後に「幸せだなぁ」って付けてみましょう

今日も一日忙しかったなぁ…幸せだなぁ

暑い日はガリガリ君が美味しいなぁ…幸せだなぁ

洗濯物がよく乾いてる…幸せだなぁ

友達と思いっきりおしゃべりした…幸せだなぁ

足揉んだらすっきりした…幸せだなぁ

この歌良い歌だなぁ…幸せだなぁ

夕焼けがキレイ…幸せだなぁ

コンビニのおにいちゃん愛想が良いな…幸せだなぁ

新しい日傘買った…幸せだなぁ

もう口癖みたいにねっ

声に出すのが恥ずかしいなら
心の中でもいいですよ

自分は幸せに遠いと思っているときには
身近な幸せに気がついていないことが多いのです

まさかそんな身近に幸せがあると思っていないから…

片っ端から「幸せ」のラベルを貼っていくと
驚くほど本当に自分の周りに「幸せ」があることに気づけるはず

もう一つ
自分は幸せになる価値がないという
思い癖に縛られていることも多いのです
(こういう方は左足の第5趾が縮こまっていることが多いです)

あなたもわたしも幸せになる価値があるから
この世に生まれてきました

だから幸せって遠慮しなければならないような
そんなたいそうなものじゃないんです
当たり前に受け取って良いものなんです

そうは言っても急に思い癖が捨てられない…なら
小さな幸せをすくい上げるところから
始めましょうよ

「幸せだなぁ」と言葉にすることで
幸せの言霊がたくさん幸せを連れてきてくれますよ

だから堂々と…!
幸せになっちゃいましょう


春の養生 わたしバージョン

もうとっくに「春」なのですが
実際の気候は一筋縄ではいきません

うつ病で通院中
ドクターに繰り返し言われたことが
「季節の変わり目は体調に注意」

このころは四季があるのが恨めしかったりしました

更に真夏と真冬にも「注意」と言われて
これでは春本番と秋本番しか体調が整わないじゃーん!
などと思っていたものでした

実際にからだの外側の環境が変化すると
からだの内側ではそれに対応して
よりよい状態を保とうと色々な調整が行われています
それを司るのが自律神経

わたし自身の実感では
特に「冬から春」のこの季節の変わり目が
一番、自律神経がハードワークになる気がします

加えて日本ではこの季節が新生活のスタート時期になり
精神的にも緊張を強いられたりすることで
ますます自律神経が大変なことに…

足揉みをはじめとして
色々な健康法を駆使してあらがうのもいいとは思うのですが
この時期は「頑張りすぎない」がキーワードかなと思います

どうやったってこの時期の寒暖の差は存在します
新年度は始まります

「順応させなきゃ!」と焦るよりも
そんな自分を外から観察する眼で眺めてみるのも
それはそれでいいのかもしれません

春に翻弄されず
余裕をもって春を愛でる
…そんな過ごし方
今年は心がけようと思います

5B682702-C6CA-4FF6-B526-6E30796DF63A.JPG

居心地の良い場所、みっけ