あしなが育英会から

毎月第3木曜日の1コインチャリティー義援金の送り先の1つ
「あしなが育英会」から今年も活動報告が届きました

いつもはチャリティーの会場に置き
お客様に見ていただいているのですが
今年はブログにも一部を転載したいと思います

東北レインボーハウス竣工から2年、東日本大震災遺児の癒やしと教育支援、本格的に始動
東日本大震災から3年後の2014年、国内外から寄せられた多くのご支援により、仙台、石巻、陸前高田の3カ所にレインボーハウスが完成し、昨年2015年は阪神大震災遺児家庭も含め震災遺児家庭同士の出会いと交流を広げ深め、かつ心の癒やしのために60回以上のプログラムを実施しました。ただ遺児にとって心のケアだけでは十分とは言えず、セルフエスティーム(自尊感情)を尊重し自身を持たせ、自分自身で努力するように仕向けていくことが大切だと考え、教育支援にも取り組んでいます。
なかでも、力を注いだのは海外研修です。一つはオーストラリア研修。キャンベラ豪日協会のご協力で2012年から毎年春休みや夏休みに20日間実施し、参加した遺児中高生の昨年までの累計は22人になりました。二つ目は、ニューヨーク育英学園の招待で同校のサマーキャンプに2013年から毎年遺児小学生2人ずつが参加し、現地の日本人小学生との交流やホームステイをしていること。三つ目は、昨年からですが、米国サンディエゴの日本人有志が遺児大学生2人をホームステイに招待してくださるなど、ご協力者の輪が広がっています。海外体験をした遺児たちは、学校生活にも前向きに取り組むようになり、夢や希望に向かってがんばっています。
ただ、東日本震災遺児や遺族には、津波にさらわれた親や家族がいつか帰ってくると信じているケースもあり、レインボーハウスによる一律のプログラムでは対応しきれないという大きな問題を抱えています。そこで、昨年は被災地の子どもを支援している他の団体との連携づくりに力を注ぎました。仄聞したところでは、阪神大震災被災者は6年後に第二の精神的経済的どん底に陥ったとのことです。東日本大震災から今年で5年目、様々な問題が深刻化していくのではないかと懸念されます。何卒、一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。
あしなが育英会 会長 玉井義臣「「受領証明書」ご送付と事業報告ならびにお願い」より抜粋

同封の「あしながニュース」にも虹の家、レインボーハウスの報告がありました
施設を作っても「思い出すのが辛い」という理由で来館されない遺児や遺族があったり
心の支援をするファシリテーターの不足など、まだまだ課題は多いようです

そのような状況の中で東日本大震災遺児支援のための寄付額は
2014年度から30%減っているそうです

被災地から離れた場所にいると
“風化”という言葉も浮かび始めるほど
少しずつ日常から薄れてきている東日本大震災ですが
報告にあるように
「まだまだ」であったり「なお一層」であったりするのです

まもなく来る3月11日を前に
わたしを含めて少しでも被災地のこと
特にこどもたちのことを思う時間を持てたら…と思います

1E8F7D95-C26E-4C81-A840-8B71260BD33A.JPG


初夏に宮城訪問!

会社員時代に日本全国あっちこっちに出張していたのですが
どうも東北はご縁が薄く
杜の都仙台は八戸の帰りにほんの1時間ほど途中下車しただけでした
観光では無く、お取引先に顔出してご挨拶…だけ

ところが2011年以降、宮城に色々ご縁が…
骨ストレッチの松村卓先生も仙台にお住まいですし
サロンのお客様にも宮城県にお住まいの方や
宮城県ご出身の方が複数いらっしゃるのです

震災直後は
行きたい気持ちはあっても
当時はまだうつ病の薬を飲んでいたこともあり
現地へ赴くよりも
東京で出来ることを考えるようにしました

気がつけば
あの震災からまもなく丸5年
このタイミングで宮城を訪問することにしました

たった一泊二日の旅ですが
色々得て帰ってきたいと思っています

あちらでワークショップや
時間に余裕があれば個人セッションもしたいと思い
現地のお仲間と相談中です
何ができるか…お楽しみに!
(一番楽しみにしているのはわたし自身♬)

8354efa4057f8d0aab28619d91241be8_s


たくさん、有り難う

今年最後の1コインチャリティー リフレクソロジーが
12月17日に無事終了しました

今年最後と言うことで
お客様からも色々と差し入れまでいただきました
本当に有り難う御座います

今年もたくさんの方にご協力を得て
「足もみボランティア後方支援プロジェクト」に32000円
「あしなが東日本大震災遺児支援」に22500円
先日の大雨の被災地支援(日本赤十字社)に2000円
以上を寄付することができました

1年間にこのチャリティーで
113名の足を揉ませていただいたことになります
有り難う御座います

足もみスタッフは交通費も消耗品も自己負担で
更に会場のやまびこスタジオさんが
「チャリティーだから」と会場費を無料にしてくださっているおかげで
お客様からお預かりした全額を寄付に回すことができています
仲間とスタジオのオーナーさんにも
有り難う御座います

毎回会場の準備と片付けを手伝ってくれて
家で揉まれたら無料なのに
わざわざ500円でわたしの足もみを受けてくれるオットにも
有り難う御座います

たくさんの方々のおかげで
今年も12回、チャリティーを開催することができました

有り難う御座いました

来年はどこかのタイミングで
今の被災地を見て来られたら…と思っています

image1


なかま!

51回目の「1コインチャリティーリフレクソロジー」が
無事終了!

2011年の4月から始めて
もう5年目
10分の足もみで500円をお預かりし
全額を東北の被災地支援に送るイベントです

一緒に揉んでくれる仲間も増えて
今のレギュラーメンバーは5名です
時々、遠方から「参加したい!」と来てくださる仲間も!

そして、忘れてはならないのは
この場を無償で提供してくださっている
「やまびこスタジオ」のオーナーさんです

いつも笑顔で元気いっぱいのオーナーが
手作りの看板をプレゼントしてくださいました
爽やかなブルーが目を引きます

image1IMG_9078

「一度作って外に出したら字が見えにくかったから
ちょっと色を足したのよ♬」

好きでやってるんだから~という笑顔に
本当に頭が下がります

足もみ仲間+オーナーさん
そして来てくださるお客様に
たくさん笑顔と幸せをいただいて
その気持ちを被災地に届けることができるのは
足もみをしていたからこそ…

2010年に若石と出会い
2011年1月に開業したのは
このためだったのだなぁと毎回思うのです


素足の季節に♬

今年は梅雨の前に台風が来たり
最高気温が30度を超えたり…と
季節がせっかちに進んでいるようです

その影響もあるのか
毎年人気の「福幸つむぎぞうり」
例年にもまして大人気です

zouri02

4月中に在庫が無くなり
急いで注文した分が
昨日入荷しました

と、思ったら早速お買い上げが続いて
また在庫が心細くなってきました

素足に気持ちの良い履き心地
しっかりした作りも頼もしく
鼻緒が首の反射区を刺激して
足指も気持ちよく使えます

このぞうり、本当にリピーターさんが多いのです
最初は「被災地の支援になるなら…」とお買い上げくださった方が
次は「この履き心地が良いんですよね!」と買ってくださいます

ご希望の方はお早めにどうぞ!