思えば遠くに…

バリ島で「雨でぬかるむ道」に感動しました

おかしな話です

子どもの頃は当たり前でした

普通に野良犬も見かけたし
近所からニワトリの声も聞こえたし
夜空を見上げれば月が見えるし
蛇口をひねって出てくるのはお湯では無く水だし
トイレは当たり前のように臭かった
(東京23区内の話です)

野良犬は危険と言うことで町からいなくなりました
住宅地に残っていた畜産農家は
「臭い」「うるさい」という理由で無くなりました
周りに高い建物があって空を見上げてもなかなか月が見えません
沸かさなくても蛇口をひねればお湯がふんだんに出てきます
トイレは臭いどころか良いにおいがしたりします

もしかしたら
今のわたしは地球という星にいながら
地球の「営み」から外れたところで生きている?

不快なこと不潔なことを避けるあまりに
自然から切り離された次元に生きている
そんな自分の姿がバリで浮き彫りになりました

生まれてから半世紀

快適で清潔でとても便利な暮らしを手に入れたけれど
なんだかとんでもなく「遠い」ところに来てしまった…

こういう快適さを享受しながら言うのもなんですが
すべての地域ですべての人が
今の東京のような「快適」「清潔」「便利」な暮らしをしている地球というのを
思い描いたら
ちょっとぞっとしてしまいました

IMG_3706.JPG

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 思えば遠くに…
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

バリ…セラピスト魂

リフレクソロジストとして
人様に触れさせていただく仕事をしています

それ以来、以前より「触れられる」ことに
敏感、そして少し消極的になりました

今回バリ島に旅行に行くに際しても
「バリに行ったらスパだよね!」と思う反面
知らない土地で知らない人の施術を受けるのに
いささかの不安がありました

でも…せっかくだから!と
良さそうな高級スパを日本から予約し
街中のリーズナブルなスパもいくつか目星をつけておきました

結果、大正解

ここを選んだ自分の鼻のきき具合をほめて上げたい!

特に「禅」という名前の町スパはとても良かったです

観光客相手のサロンはともすれば
「いちげんさん」相手の気の抜けた施術をしがちです
手順を追うことしか考えていない施術です

ところが「禅」のセラピストさんは
最初に触れられたときから
手を通して誠意が伝わってきました
このお客さんの体の状態を読み取って疲れをとろう…という意識が
とても強いのです

途中、わたしがリフレクソロジストだとばれてしまったのですが
その時にセラピストさんから飛んできた質問が
「足の指はどうやって揉んでるんですか?」

この探究心に胸熱♬

施術後の足はすっきり軽くなり
その後、結構歩いたのですが夜まですっきりしていました

一緒に行ったツアー仲間さん(リフレ初体験)も感動
翌日はほかの方々もこぞって行かれたのですが
皆さん大満足

日本の家の近所にあればいいのに!
セラピストさんを日本に連れて帰りたい!

次にバリに行くことがあれば
また絶対このスパに行きますし
今回のセラピストさんを指名できたらいいなぁと思います

わたしも今まで以上に誠意のこもった施術をしたいと
心から思うことができました

バリ島クタの可愛いセラピストさんに感謝!!!

IMG_3710.JPG

IMG_3715.JPG

IMG_3716.JPG

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バリ…セラピスト魂
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

バリで…濃縮された時間

サロンのお休みをいただいて
3泊5日でバリ島へ行ってきました

今回は普通の観光では無く
トウリーディングの師であり
セラピストとしてのわたしの導師であるタッキー先生率いる特別なツアーでした

「神々の宿る島」と言われるバリ島

絶妙なタイミングで降ったりやんだりする雨
刻一刻と変化していく空
突然くる大きな波

訪れる場所によって「気」の風味が異なります

夜は先生による「月の話」「食べ物の話」…

パワーの強い塩や
美しい音色のガムランボールも手に入れました

バリは自然の中に当たり前に人間がいる世界でした
東京の日常と、本当に同じ星の上に存在するの?というぐらい
異なる世界を垣間見ることができました

自分がこの星の自然の一部であること
宇宙の一部であること
それを忘れないように…

これから、きっとサロンの施術やセッションも変化していくと思います
是非楽しみになさってください

IMG_3753.JPG

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バリで…濃縮された時間
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

もっと自在に

松村卓氏+藤田一照氏のトークショーつながりのお話
3回目です

頭による縛り、呪縛から逃れることで
體が本来の力を取り戻せるようになるのでは…
ということを前回書きました

骨ストレッチの講習会で得たのは
ブログでも何度も書きましたが
「自分はこんなに動けるんだ!」という驚きでした

“運動嫌い”のわたしがこんなに楽しく體を動かせる!

そこでわたしが感じていたのは
身体的な心地よさレベルだったのですが
松村先生が骨ストレッチを通じて伝えたいのは
身体的なものを超えたところにあるんだなぁ
ということを
今回のトークショーで感じました

頭の呪縛から解き放たれて
「骨身に任せる」ことができるようになる
つまり身体感覚にゆだねられるようになると
色々なことが自由自在になってくるのです

そう、自由自在

本来の自分の心のまま…です

サロンで展開している
トウリーディングやストレートラインヒーリングも
「本来の道 ストレートライン」を取り戻すセラピーです

前回「頭は他人」と書きましたが
頭に植えつけられた思い込みや
他人からどう見えるか、世間の常識といったものに縛られて
自由自在に生きられなくなっていることに気づき
そういった外側からはめられた枠組みを外して
本来の自分を取り戻していくのです
その気づきを与えてくれるのが
足指であり耳という體の一部なのです

とてもパワフルなセラピーで
不要な思い込みやネガティブな思いを捨て去って
楽にハッピーに生きる道を再発見していただけます

ところが、クライアントさんによっては
なかなか枠組みの断捨離が進まないケースがあります

どうやらそれは身体感覚を信頼できているかどうか…が
ポイントだったのだとトークショーのお話を聴いていて気づきました

「本当の自分は頭ではなく體にあるんだよ」
「體の声に耳を塞いでいては本当の幸せは得られないんだよ
骨身に任せる心地よさや安心感を体感することで
そういうことが正に「腑に落ちる」のです

トウリーディングやストレートラインヒーリングに出会う前に
骨ストレッチに出会っていたのは
そういう順番になっていたからなんだ!
トークショーの間、そう気づいて一人納得していました

體の動きをよくしたい…方は勿論ですが
なんだか色々に詰まったり行き詰まったりしている…と感じている方
もっと自在に生きるためのヒントとして
骨ストレッチを体感していただきたいなぁと
一人の骨ストレッチファンとして思うのでした!

IMG_3117.JPG

小顔になるだけじゃないのが「骨ストレッチ」なのです♬

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - もっと自在に
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

春のこころ

桜の花もそろそろ満開…

今日の気温はGW並みとかで
ぽかぽか陽気となりました

心浮き立つ季節…の春なのですが
これが結構“曲者”

日照時間が短いと気分が沈みがちで
冬季うつなどというものもあります

春になって日照時間が延びて
気温も上がり
花々が咲いて
「ほら!心うきうきの春だよ!」と
自然が呼びかけてきても

心が弱っていると
ついていけなかったりするのです

もう冬じゃ無いよ!
明るい春だよ!

わかってるんだけど…

春霞のようにどこかモヤモヤ…
4月からの新生活も心配…

世の中の「春」に自分だけ置いてけぼりにされているような…

そんな気持ちになることもあるのです

でもだいじょうぶ

一拍遅れかもしれない
二拍遅れかもしれない

でも自分のリズムを取り戻せる「春」はきます

咲いている花を見て
少しでも温かな気持ちになったら
その温かな気持ちを摘んで花束にしていきましょう

その、摘んだ温かで明るい気持ちの小さな花は
枯れること無く
あなたの部屋の一隅を明るくかざってくれます

その明るさがじわじわと広がっていく様子を
心に描いてみましょう

実際に花を一輪飾るのもいいでしょう

世の中の春と自分の春が
違うリズムで訪れたっていいのです

ゆっくり訪れた春は
きっとゆっくりあなたを包んで
ずっと楽しませてくれます

IMG_2035.JPG

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 春のこころ
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア