思わず笑う、タロット

秋から勉強を始めている「トートタロット」

数秘術からの流れで勉強しているのですが
まだ本格的な学びに入る前に何度も聞いた
「タロットは笑っちゃうぐらい”出る”から」という台詞

まさに!

今の自分の状況、
どこかで誰かが見ている?!というぐらい
カードに出ます

そうすると何故か人間、笑ってしまうのです

別に楽しい話題というわけではないですよ

「人間関係、行き詰まってますね」とか
「AかBか悩みすぎて自分でもわからなくなっていますね」とか
「そろそろ今の役割、卒業したいみたいですね」とか
…出た瞬間、
「えええ、その通りですぅ!あははは」となるのです

何故、タロットを開いてずばり出ると笑うのか…
は、心理学の専門の方に任せるとして…

勉強する前にはタロットって「占い」だと思っていました

自分の知らないことを言い当てられる…みたいな

でも、そうではなくて
自分の中にあるものと向き合わせてくれるものでした

自分の知らない(と、思っていた)自分と対話することで
次の一歩を踏み出しやすくなります
逆に勇み足になりかけていたところに
ちょっと待てとなることもあります

「占い」とかってひと(占い師さん)の言うことに
自分が翻弄される気がして、No thank you だったのですが
数秘やトートタロットは、あくまでも向き合うのは自分なので
もっと濃く自分の人生を生きている感覚があります

数秘術の方は正式にサロンメニューになっています
タロットはリフレや数秘カウンセリングを受けてくださった方に
10分のミニセッションを無料でサービスしておりますので
興味のある方は予約の際にお声かけくださいね

IMG_0996.JPG