学ぶ,  数秘学,  講座

ほんとうの第一歩

わたしたちが数秘やタロットのセッションで目指すのは「循環」です

ハートとハートのコミュニケーション

知識だけで数字を読もうとすると
ハートは閉ざされます

うまいこと言おうとすると
ハートは閉ざされます

相手に忖度すると
ハートは閉ざされます

誠心誠意、今の自分丸ごとで
相手に向き合おうと
循環が始まります

 

わたしがAEONSで数秘を学んでいた頃
上級に入って最初のセッション実習で
大失敗しました

セッションの相手が、すでに講座もされていて
すごく読める先輩(再履修にいらしてた)だったので
「うまく読まないと」「先輩に認められたい」と
エゴがぐぐっと顔を出してしまい
全然ハートに届かないセッションになったのでした

数字の読み方は間違っていませんが
ほんとに底の浅いリーディングでした

「ここで躓いておいて良かったですよ」という師の言葉の意味が
今はすごくわかります

それからしばらく、リーディングするのが怖くなって
勉強も苦しくなって
内心は七転八倒でした

数字を読もうとするたびに
エゴがにょきにょき顔を出して
見たくない自分を見せられました

上級では数秘だけではなく
宇宙の法則も学びます
法則を学ぶたびに
見ないふりしている自分のどす黒い部分やずるい部分も
たくさん見せられました

瞑想して、はき出して
やっとエゴも自分の一部分と認められるようになった頃
また数秘が読めるようになりました

知識だけなら、とっくに頭に入っていました

でも、自分で目の前の相手に向き合って
魂が循環するリーディングは
自分に蓋をしているとできないのです

先日のAdvanceコースのセッションで
生徒さんたちは「循環」をハートで感じてくださいました

そう、そこからが第一歩

でもこの第一歩はとても大きな一歩

その場に立ち会えたこと、感謝です

数秘学講座のお知らせはこちらからどうぞ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)