学ぶ,  心と向き合う,  心の元気,  数秘学,  日々のこと,  講座

今年にありがとう

昨日、冬至の日は
数秘講座の流れの締めくくりとなる
ワークショップでした

AEONSでの学びの過程を終えてすぐに
自分のクラスを開講するという怒濤の流れの2019年

おかげさまで2期までつつがなく開講でき
来春には宮城での3期開講も決まりました

その締めくくりのWSでは
2019年までと2020年からのお話と
参加された皆さんそれぞれの
去年・今年・それを踏まえての行動・来年という流れを
全員でリーディング
持ち込みケースを実際に読み解く協働セッション
…そんな流れとなりました

2020年のお話は年明けの1DAYセミナーでもさせていただく予定♬
気になる方は是非ご参加くださいね

おとといの「わたしとつながる数秘学講座」2期の授業でも
自然とその話になったのですが
昨日のリーディングでも出たのは
「自分軸」の大切さ…です

例えばパートナーシップの悩みや
親子関係の悩みで
「相手に変わってほしい」というスタンスだと
いくらリーディングしても変容は期待できないのです

わたしも身内に関わる悩みがあって
その身内がなんとかなってくれないものか…と思っていた間は
いっこうに解決の糸口が見えませんでした

ところがAEONSでのタロットリーディング講座で学ぶ中で
「これはわたしの問題なんだ」と気づいて
自分の中にあったブロックがぽろっと落ちたときから
その身内に関わる悩みが消えました

昨日のWSで取り上げたケースでも
親子関係の悩み…が、実はクライアントさん自身の在り方だったと
軸を本人の内側に据えた途端に
すべての数字がピタッとはまって
その方の人生がキラキラに輝く様を
みんなで見ることが出来ました

振り返るとこういった贈り物をたくさんもらった1年でした

自分が生徒として学んでいたときにも
たくさん贈り物を貰ってはいましたが
自分がヌメロロジストとしてセッションをしたり
講師として数秘やカバラについてお伝えしたりすることで
正に今の自分に必要なメッセージを贈り物としてたくさん受け取りました

昨日、生徒さんに読んで貰った、今後に向けて求められるわたしの行動は
「人を感化・教化させ得る才能を活かし、人を導く力を実践する」ことでした

わたし自身が貰った贈り物を
シェアしていく…
2020年はそんな年にしていこうと思います

MerryChristmas!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)