自分の足、見たくない?

今、リフレについては
リピーターさまのみになっているので
こういうことは全くないのですが
たまにこうおっしゃる方がいらっしゃいます

「わたしの足、汚いから見たくないし見せたくない」

見せたくない気持ち、
よくわかります

でも、自分で「汚いから…」と言う方の足を見ても
リフレのプロは「汚い」とか全然思いません

汚いとかきれいは主観

私たちプロは
「ここに角質がある」「第5指が倒れてる」「かかとに皮むけが集中している」「土踏まずのここに皺が目立つ」…
と、足に表れていることを把握するのです
これは客観です

臭い物に蓋…ではありませんが
自分の足について「汚い」とレッテル貼って
見ないでいるとどうなるか…

想像できますよね?

状態が悪くなることはあれ
良くなることはほぼありえません

「汚い」ままで
見て見ぬふりして
このまま過ごすのか

客観的に向き合って
より良い状態を目指すのか

足は自分のからだとこころの映し鏡です

足を大切にすることは
自分を大切にすること
リフレを仕事にしてきて深く深く感じることです

見たくないから見ないふり…は
やめませんか?

しばらく新規の受付を停止しているリフレクソロジーですが
数秘やトートタロットと同じく
自分と向き合うツールとして
今までと違う形でまもなくリニューアルデビューいたします

やるべきことが見えてきました


コメント

タイトルとURLをコピーしました