誕生数

前回のブログで「コアナンバー」ということばを使いました

CORE=中心、核

そのひとの中核を表す4つの数字のことを「コアナンバー」といいます

その中核の中でも
最も大きな割合を占めると言われているのが
誕生数です

誕生数は生まれた日(西暦)で算出します

例えば 1985年11月15日生まれのひとは
1985 11 18 の数字を全部バラバラにして合計します

1+9+8+5+1+1+1+5=31

ここで出た31をまたバラバラにして
1桁の数字になるまで足します
*マスターナンバーやカルミックナンバーという2桁の数字も
講座やセッションでは見ていきますが
ここでは1桁になるまで計算しましょう

3+1=4

この人の誕生数は「4」というわけです

この誕生数はこの人が人生という道を切り開くときに
一番力となってくれる特質
を教えてくれます

例えば「4」の場合は
堅実な安定感です

人生のどんな局面においても
誕生数「4」のひとの醸し出す安定感は
周りのひとにも安心感を与えてくれます
本人の思惑とは別です)

自分ではパニックになっているつもりでも
実は他の誰よりも堅実に着実に次に打つ手を考えているのが
「4」なのです
往々にして自己評価はあまり当てにならなかったりします

わたしの身近にも誕生数「4」の人がいますが
取り乱したところは想像できません
この人に相談すれば合理的で間違いの無い答えがもらえる
そんな信頼感があります

とはいっても
その人を形成しているのはほかのコアナンバー3つに加え
更に沢山のナンバーが複雑に入り組んでいるので
素直に「4」らしさが発揮できていないケースもあるのですが
この誕生数が大きなカギになることは間違いありません

この数字がもたらしてくれる特質や才能を
自分の味方に付けること

ここがカギなのです

次回以降、ほかの数字についてもお話ししていきますね


Thomas BreherによるPixabayからの画像


コメント

タイトルとURLをコピーしました