わたしは野心家?!

前回話題にした「誕生数」というのは
生年月日(西暦)の数字を一桁になるまで足して算出する数です

例えば、1994年10月15日が誕生日なら
1994+10+15=2019 → 2+0+1+9=12 → 1+2=3
「3」が誕生数というわけです

この誕生数は
その人の深層意識を暗示し、生まれ持った「資質、性格、個性」加えて「生きる姿勢や才能、その人の潜在能力」など、深い意味での人物像を示唆する最も重要ナンバー…と言われています

この誕生数がわたしは「8」です

前回のブログに書いたように
何も知らずに読んだ、「8」がテーマの鹿乃子さんのブログには
「これはわたしのこと!」バンバンハートを撃たれまくったのに
数秘の授業初日に見たテキストの「8」のところに並んだ文字列には

「え?」となりました

支配 野心 活力 制限 実現性 繁栄

「野心?????繁栄??????」

50年以上生きてきて一番自分の中にないというワードです

大辞林で「野心」をひくと
現実よりもさらに高い権力・名誉・財力などを得ようとする心 とあります

そういうの面倒くさいと思って生きてきたのに…

昔、日本語教師になろうと日本語教師養成学校を調べていたとき
H校では「すぐに資格も取れます。仕事もたくさんあります!」と言われ
I校では「勉強は大変。そのうえ、この仕事だけで食べていくのはもっと大変です」と言われ(今思ってもこのI校の正直さは凄い)
I校を選んだこのわたし…

その後、日本語学校でもいわゆる昇進がストレスだったのに…

野心?????

不思議なことに、このときに
「なんだ数秘なんて全然違ってるじゃない」と放棄することにならず
「なんでこんなに自分に無いこと言われるんだ?」という引っかかりが
さらなる学びの道にわたしを引きずり込んでいくのでありました
ずぶずぶずぶ………

思えば「敢えて避けてきた」ことに意味があったわけなのですね

裏返せば「敢えて避ける」ほどに
わたしはそこに強い意識を持っていたのです

数秘の授業初日に「全然違ってる」と学びを放棄していたら
そのことに気づかずに終わっていたでしょう
それもまた一つの人生ではあります

その「また一つの人生」で
わたしは本当は自分の奥にある野心に蓋をして
敢えてお金に恵まれず
敢えて努力が認められない…そんな世界を自分で創りだしているかもしれません

自分の野心のその先に広がる世界を見ることもなく…です

そう、実は「8」の野心の先には
もっとスケールの大きい世界が待っているのです

…と、この話はまたの機会に!

★”わたし”とつながる数秘学講座★

2019年4月13日(土)開講
スケジュール/毎月第2・第4土曜(原則) 全10回
時間/13:00-17:00
場所/渋谷近辺
受講料/1回6000円
※最少催行人数 4名 定員8名

お問い合わせやお申込みはこちらからお願いします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)