足揉んで何が変わる?

昔々、勤め人だった頃

立ち仕事がメインだったので
足の疲れをとるために
リフレクソロジーサロンに通っていました

当時はリフレに限らず
そういった施術の類いは
疲れたところをほぐすもの…と思っていました

サロンでスタッフの方に
「お体でお疲れの部分は?」と訊かれて
内心
「足が疲れてるから来てるのに何を訊くの?」
などと不思議に思ったものでした

ところがうつ病治療中に若石と出会い
「足を揉む」って「足を揉む」だけじゃないんだ!
ということを知りました

毎日自分の足を揉むうちに
うつ病でぼやけていたからだの
色々なスイッチが入ってきました

足を揉んでいるだけなのに
からだのあちこちのわだかまりが解けていきました

疲れやすかったからだが元気になり
新しいことに対する意欲も湧いてきました

足を揉んでいたら
こころのわだかまりも解けていったのです

その時にはまだ7気づいていなかったのですが
若石リフレクソロジーと出会って
自分の足を揉み始めたときに
「次の人生のステップ」に進むスイッチが入った
のでした

天職と思っていた日本語教師を辞めて
未来も何も見えないまま
それでもなんとなく足を揉んでいたら
次々に世界が開けてきたのです

たくさんの人にも出会い
その出会いの中で
色々な気づきがありました

自分の足を揉むことで
まずからだが健康になり
連動してこころが元気になり

自分の足と向き合うことが
自分自身と向き合うことになり

自分と向き合うことで
外の世界が開けて
自分自身を再発見できました

そう
足を揉んで変わるのは
ほかでもない
自分自身なのです

一足飛びにはいかないかもしれません

でも必ずあなたの足は
ちゃんと向き合うことで
あなた自身を活かせる場所に
連れて行ってくれます

自分の足を揉むというのは
そんな素晴らしいことなのです

IMG_3392.JPG

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 足揉んで何が変わる?
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)