喜怒哀楽

喜怒哀楽のバランスはいかがですか?

なんとなく「喜」や「楽」はWelcomeで
「怒」や「哀」はNo thank youな感覚があると思います

人間生きていれば
腹が立つことも悲しいこともあって当然

それなのに怒ることや哀しむことをネガティブにとらえすぎて
自分の心の奥底に閉じ込めていませんか?

わき起こった感情は
表に出して流してしまわないと
心の奥底でよどんでいきます
流れない水が腐っていくように…

「怒」や「哀」は表に出しづらい…
下手すると人を傷つけてしまう可能性も

「哀」の感情を表に流すには
とにかく「泣く」のが一番
です

昔よく映画を見に行っていた頃
年末最後の映画は号泣できる作品を選んでいました
涙を受け止めるためのタオル(ハンカチでは足りない!)
上映後に泣いた顔を隠すためのサングラスとマスク
万全の準備を整え
その年、流せなかった涙をそこでいっきに流しました
帰り道のさっぱりした気分♬

「怒」の感情は
「大声を出す」こと
で結構発散できます

大昔の青春ドラマみたいに海に向かって「バカヤロー!!」は
少々気恥ずかしい

わたしの体験の中で
一番大声が出せてすっきりさっぱりできたのは
20代で初めて行った競馬場でした

桜花賞…だったでしょうか
レースが始まると満員の観客が一斉に声を上げるので
どれだけ大声を張り上げても
自分の声すら聞こえません

最初は「走れ~!」などと普通に声を出していたのですが
途中からそれこそ「バカヤロー!」状態に…
(ちなみに馬券は1000円買って全部はずれました)

「怒」「哀」だけではなく
日本人の“奥ゆかしさ”なのか
「喜」や「楽」も表に出さない癖がついているケースもあります

これはもうどんどん言葉にしていくのが一番

「嬉しい!」
「楽しい!」

感情があるから人間なんですもん
心が揺れ動くのは当たり前
押さえつけるのは誰のためにもよくありません

喜びも楽しみも
怒りも哀しみも
外に流していったん心をリセット
心を循環させていきましょう

2d3e83cec9b763f67ad90630a455651f_s.jpg

悲しいときは泣きましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 喜怒哀楽
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)