春の養生 わたしバージョン

もうとっくに「春」なのですが
実際の気候は一筋縄ではいきません

うつ病で通院中
ドクターに繰り返し言われたことが
「季節の変わり目は体調に注意」

このころは四季があるのが恨めしかったりしました

更に真夏と真冬にも「注意」と言われて
これでは春本番と秋本番しか体調が整わないじゃーん!
などと思っていたものでした

実際にからだの外側の環境が変化すると
からだの内側ではそれに対応して
よりよい状態を保とうと色々な調整が行われています
それを司るのが自律神経

わたし自身の実感では
特に「冬から春」のこの季節の変わり目が
一番、自律神経がハードワークになる気がします

加えて日本ではこの季節が新生活のスタート時期になり
精神的にも緊張を強いられたりすることで
ますます自律神経が大変なことに…

足揉みをはじめとして
色々な健康法を駆使してあらがうのもいいとは思うのですが
この時期は「頑張りすぎない」がキーワードかなと思います

どうやったってこの時期の寒暖の差は存在します
新年度は始まります

「順応させなきゃ!」と焦るよりも
そんな自分を外から観察する眼で眺めてみるのも
それはそれでいいのかもしれません

春に翻弄されず
余裕をもって春を愛でる
…そんな過ごし方
今年は心がけようと思います

5B682702-C6CA-4FF6-B526-6E30796DF63A.JPG

居心地の良い場所、みっけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 春の養生 わたしバージョン
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)