怪しくありませんよ

数年前にとあるイベントで
「あなたはヒーラーになれる素質があります」と言われました

へえ~と思っていたら、続けて
「今日この場でヒーラーになりませんか?」的なことを言われて
へっ?となりました

その場でわたしの中の何かを開くとヒーリングパワーが使えるようになるというのです

ちなみに価格はうん万円

は?
ヒーラーってそんなものなの?
なんか…ピンと来ない…

笑顔でお断りしてその場を立ち去りました

だってなんか怪しいと思ったんですもん
お金払ったらパワーが手に入る?
開くのは良いけど閉じるのはどうするの?

そんなわたしがただいま「極上ヒーラー」になるための学びを進めています

ヒーラーって手をかざして何かする人?

はい、それもあります 含まれはします

でもそれよりも何よりも
わたしはクライアントさんのお話を聞くこと、寄り添うことで
元気を取り戻すお手伝いが出来るのかも…と
気づき始めたところです

手から何か癒やしの力があふれることは
20年ぐらい前から「からだの会」で覚えた愉氣で経験済みです
ですが、その癒やしの力は「癒し」のほんの一部

30代のころ、心がぼろぼろになった時期がありました
心が荒むということがどういう感覚なのか
その時に身をもって知りました

その時に心友が言ってくれた一言
「わたしはりえが大好きだよ」
その言葉はどんなパワーよりもわたしを元気にしてくれました
その一言でわたしの心身は癒されたのです

そんな彼女は30代半ばで天の向こうへ行ってしまいました

でも、今も何かに迷ったり心が弱くなったときには
彼女がすぐそばに来て
「大好きだよ」と言って手を握ってくれるのを感じます

彼女はサイキックとか特別な能力があるというわけではなく
ごくごく普通の女性でした
ただ友達としてわたしにたくさんの愛をくれました

わたしには彼女は偉大なヒーラーです

そしてわたしがなりたいのも、そういうヒーラーなのだと
ようやく気づいたこの頃です

ね、怪しくないでしょう?

IMG_5557.JPG


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)