未分類

思えば遠くに…

バリ島で「雨でぬかるむ道」に感動しました

おかしな話です

子どもの頃は当たり前でした

普通に野良犬も見かけたし
近所からニワトリの声も聞こえたし
夜空を見上げれば月が見えるし
蛇口をひねって出てくるのはお湯では無く水だし
トイレは当たり前のように臭かった
(東京23区内の話です)

野良犬は危険と言うことで町からいなくなりました
住宅地に残っていた畜産農家は
「臭い」「うるさい」という理由で無くなりました
周りに高い建物があって空を見上げてもなかなか月が見えません
沸かさなくても蛇口をひねればお湯がふんだんに出てきます
トイレは臭いどころか良いにおいがしたりします

もしかしたら
今のわたしは地球という星にいながら
地球の「営み」から外れたところで生きている?

不快なこと不潔なことを避けるあまりに
自然から切り離された次元に生きている
そんな自分の姿がバリで浮き彫りになりました

生まれてから半世紀

快適で清潔でとても便利な暮らしを手に入れたけれど
なんだかとんでもなく「遠い」ところに来てしまった…

こういう快適さを享受しながら言うのもなんですが
すべての地域ですべての人が
今の東京のような「快適」「清潔」「便利」な暮らしをしている地球というのを
思い描いたら
ちょっとぞっとしてしまいました

IMG_3706.JPG


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)