初夏!

IMG_2642.JPG

いつのまにか、葉桜も緑を深めてきました

この数年、感じるのは
季節の移り変わりが急激に進むということです

「寒い…」から、一気に「暑い」に進むような…

これではからだはびっくりです

生き物は環境が変化しても
体内の状態は一定に保とうとする働きがあります

いわゆる恒常性、ホメオスタシスです

このために働くのが
免疫系
内分泌系(ホルモン)
自律神経系
です

若石リフレクソロジーの三大効果のひとつに
「ホルモンのバランスを整える」というのがあります

急激な季節の変化に戸惑うからだを
うまく適応させるために
足もみの力を借りましょう!

内分泌系の司令塔と言われる反射区は
「下垂体」です
簡単に場所を説明すると
足の親指の腹のまんなかあたり

自分でポイントがつかめる人は点押しでケアを
なかなか正しくとらえるのが難しい反射区の一つなので
まずは足の親指を丁寧にもみほぐしてみましょう

急に暑くなると
水分補給も忘れがちです
足もみの後は水分もしっかり採ってあげてくださいね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)