心に咲く花

春分の日を過ぎて
各地から桜の便りも聞かれるようになりました

同じコースを散歩していても
歩くたびに違った花がこんにちは…♬

寒い冬を越えて開く花を見ると
心がほっとして
あたたかくなります

季節の変わり目は
花の便りのように嬉しいことも多いのですが
気候の変動や
特に春は生活環境が変わることも多く
ちょっとしたことで体調を崩しがちです

そんなときに
「足揉みで元気になりました」という
お客様の声を聞くと
ふわっと心の中に花が咲きます

「サロンで揉んでもらって元気になりました」も
勿論嬉しいのですが
「セルフケアで元気になりました」
その何倍も心に花が咲きます

「教えてもらったところを揉んでいたら
詰まっていた鼻がスッと通りました」
「腰に違和感があったので八福踏板に乗ったら
楽になりました」
「のどがちょっとイガイガしたので
のど・気管の反射区を丁寧に流したら
1日で楽になりました」

鼻づまり。腰の違和感、のどのイガイガ…
こういったちょっとした不調が
毎日の中でQOL(Quality of Life)を阻害します

そんな時に自分の手で足を揉むことで
不調の芽をつぶすことができるのです
不調が消えれば笑顔になれます

それを身をもって体験して
足揉みを好きになってくださる方が増えれば
世の中に笑顔がどんどん増えるのです

「ちょっと調子悪いからリライアンスに行って足を揉んでもらおう」ではなくて
「ちょっと調子悪いからこの前教わったやり方で自分で足を揉もう」
そうなっていただくために
仕事をしています

IMG_1943.JPG

多摩川の桜、もうすぐ開きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)