アロマ5:ゼラニウム

今回はお手軽にできるアロマクラフト“入浴剤”を使った沐浴法と
“ゼラニウム”のアロマオイルをご紹介します
6aef0596c690a615b4e7f82fa09ce4dc_s

日本人のお風呂好きは海外でも有名なようで
昔、ヨーロッパをフリーでまわったときに
現地のホテルに飛び込みで予約をしようとすると
こちらから何も言っていないのに
「部屋にハスタブは無いが構わないですか?」とか
「バスタブのある部屋は割高ですが、いいですか?」とか
必ずと言って良いほどお風呂のことを言われました

一日の終わりにゆったりとお風呂に浸かるのは
心身共にリラックスできる素晴らしい健康法です
そこにアロマの力を借りると
プラスアルファが期待できます

<アロマの楽しみ方:入浴剤>
8088f0ee63be0338dd45f9a2b3378ffc_s

用意するもの 入浴剤1回分

天然塩 大さじ2杯分
※岩塩でも海塩でも天然のものを使いましょう
お好みのアロマオイル 5滴以内
※肌の弱い方は少なめで試してみましょう

★入浴剤(バスソルト)の作り方

わたしは入浴剤用の容器を使っています
おしゃれなものではなく
100円ショップで3個セットになっていた小さなタッパーです
baths

容器に天然塩を入れ
そこにアロマオイルを垂らします
容器に蓋をしてしゃかしゃか振って
天然塩全体にアロマオイルをなじませます

入浴前に浴槽に入れてよくかき混ぜて使ってください

すぐに使うよりも
数時間から1日ぐらいおいた方が
香りが落ち着く感じがします

手浴や足浴には半分の量で使ってくださいね

リラックスしたいときにはラベンダーやクラリセージ
元気になりたいときにはオレンジ・スイート、ゼラニウムなど

わたしは冬場はよくゆずの精油を使っています♬

 

<ゼラニウム>

バラによく似た甘く華やかな香りです
香りが似ていると言うことは含まれている成分も似ているということです
高価なバラの精油よりもお手軽に使えるのが嬉しいですね

このアロマオイルのキーワードは「バランスをとる」

心への作用としてでは沈んだ気持ちを浮き立たせて
バランスをとってくれます

体への作用としては
ホルモンのバランスをとってくれます
生理前症候群(PMS)や更年期障害の症状で悩んでいる方に
おすすめしたいアロマオイルです

たまにこの香りがとても苦手という方もいるようです
このアロマオイルの香りは色々な香りと相性が良いので
単体では苦手という方はほかのアロマオイルとブレンドして使うと良いでしょう

※このゼラニウムは観賞用で精油採取用の種類ではありません

※このゼラニウムは観賞用で精油採取用の種類ではありません


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)