やっぱり足に出る ~歯やあごのトラブル編

先日、わたしののどの不調が足に出ていた話をしましたが
今日は「歯」の不調のお話です

「歯」や「あご」「顎関節」にトラブルがあっても
足に出ます

お客様が快諾してくださったので
写真を掲載します 「有り難う御座います」

こちらです

IMG_9846

拇趾の第一関節の皮膚の色が!
左右の色の違いもおわかりでしょうか?
お客様の右足の方がより色が濃くなっています
頭部に含まれる部分は左右が反転するので
右足=左
そしてあごの反射区は上あごと下あごに分かれているのですが
こちらは下あごの反射区です

まさに左の下の奥歯がだめになって
まもなくインプラントを入れる予定なのだそうです
(現在はそこに歯がない状態)

これだけではなく
もともと食いしばりの傾向もあって
歯のトラブルには日々悩まされている…とのこと

わたしも父親譲りの歯槽膿漏になりやすい体質なのですが
調子の悪いときには
この拇趾の第一関節の皮膚がかさかさしたり
色が黒ずんだりします

そんな時は歯茎のマッサージもですが
この上あご下あごの反射区を
愛心棒の先で丁寧になぞるようにマッサージすると
歯茎のケアだけよりも
回復が早いように感じます

足のセルフケアをやっています!という方でも
この部分は結構触れられていなかったりするので
「歯」や「あご」のトラブルが多い方は
ちょっと気をつけてケアをしてみてください

第一関節上のライン(黄緑)が下あご、そこよりも亜本分爪寄りのライン(オレンジ)が上あごの反射区です

第一関節上のライン(黄緑)が下あご、そこよりも亜本分爪寄りのライン(オレンジ)が上あごの反射区です

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - やっぱり足に出る ~歯やあごのトラブル編
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)