はい、チーズ?

先日「足の塗り絵」について書きました

自分の足と向き合うために
肌の色合いや
皮剥けや角質などを細かく記入していく…というお話でした

自分の足の裏を見るとなると
たいていあぐらをかいたり
片方の膝にもう片方の足を載せて
よいしょっ!という風にすると思います

それでも勿論いいのですが
誰かに頼んで真正面や色々な方向から
写真を撮ってもらうのがおすすめです

あぐらスタイルですと
その体勢にしたがために出る皺などもありますし
股関節の硬い人にとっては
長い時間その姿勢でいるのが辛いということもあります

こんな感じで足の記念撮影♬

page001

ほかにも撮影者の方には床に這いつくばっていただくことになりますが
こんな角度の写真も爪の向きや足指の伸びている方向などから
色々なことが見えてきます

ukiuki

写真を撮るタイミングは
さっきまで運動していましたとか
お風呂上がりですとか
靴を脱いだばかりですとか
そういった時は避けてください

靴や靴下を脱いで
10分ぐらい落ち着いて座っていた…というタイミングがベストでしょう
ニュートラルな写真が撮れます

あえて運動直後などと比べてみるのも
面白そうです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)