回遊魚になった、わ・た・し♬

書こう書こうと思いながら
3週間が経ってしまいました

これです

ブログを以前からお読みいただいている方には
おなじみの骨ストレッチ


↑こちらは骨ストレッチ最新刊の「ゆるめる力 骨ストレッチ」です

8月2日に骨ストレッチの上級編を受けてきました

セミナーは年末に受けたのですが
実際に松村先生の指導の下でからだを動かすのは
1年半ちょっとぶり…

幸運なことに
全国の講習会でもまだ発表していない
新たな骨ストレッチを
いち早く体感しました

いやはやいやはや!

毎回講習会に出るたびに
自分のからだに驚きます
いい加減驚くのも想定しているのに
毎回、その想定を越えて驚きます

今回もあっという間に柔らかくなる自分のからだ
あっという間に軽くなる自分のからだ

(体重ではありません~、動きがということです)

途中、あるメソッドの練習で
右足だけ骨ストレッチをしたところ
「回遊魚」になってしまいました

どういうことかというと
右足が軽くどんどん前に出るために
左右の歩幅に差が出て
自然に走るとどんどん左にカーブ
して行ってしまうのです

頭で「まっすぐ!」と思っても
からだはグルグル走るのです

ほんの短時間のエクササイズで
こんなにからだは変わるんだ!というサンプルです

苦しいエクササイズを回数重ねて歯を食いしばって…ではなくて
本当にほんの数秒で
自分のからだが本来のパワーを取り戻します

あ、「錆落とし」系のエクササイズは
錆び付いている人には超痛いので
歯を食いしばることはありませんが
笑ってしまいます
(人間って痛いと笑うものなんですね)

当日はケラケラ笑いながら
ひたすら楽しくからだを動かしていましたが
翌日は…筋肉痛でした
それだけ自分のからだが
いつもとは違う、本来のパワー全開の動きになっていたということなのです

足もみでは足の錆を落とすので
リフレの施術後に「足が軽い!」と言っていただけますが
骨ストレッチはあの軽さが全身で味わえるメソッドです

骨が使えるからだになるのが
どれだけ楽で楽しいか
未体験の方には1日も早く体験していただきたいメソッドです

骨ストレッチの紹介はこのところできていませんでしたが
改めてリライアンスでもおすすめして参ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)