からだにいいこと,  体と向き合う,  心と向き合う

〇〇さえ~ば健康?

…なんだか日本語教師時代の文型導入の板書みたいなタイトルです

去年からサラダオイル代わりに使っている
ココナッツオイルがそろそろ底をつきそうなので
某通販で買おうと思ったら
「売り切れ 6月から販売再開」の文字

書店に行くとココナッツオイル関係の本が
ずらーっと並んでいます

なんでしょう
この違和感

使っている自分が言うのもなんですが
そんなに?
そこまで?

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸が多い
酸化しづらい
ビタミンEが豊富…など
良い点はいっぱいある…とは思うのです
だからこそうちでもお高いのに使っています

ですがネットや雑誌などあふれる情報を見ていると
違和感

まるでココナッツオイルは「万能」みたいな扱いに
違和感

ココナッツオイルに限らず
サプリメントや健康食品のCMは
「これさえ毎日飲んでいれ健康!」みたいな雰囲気で作られています

本当?

人の体ってそんなに単純?

口から入るものだけでなく
健康にまつわるものって
ともすると「~さえ~ば健康」的なアピールされているものが多いです
「~だけで健康」とか

わたしは足もみで自分の健康を取り戻しましたが
「足さえ揉んでいれば健康になれる」
「足を揉むだけで健康になれる」
そんな風に思ったことはありません

色々楽しくバランス良く…が健康の基礎なのでは?
と、自分のかつての不健康時代を思い返すと
そう思えるのです

04a02e57ad96d1403ec80612e40a3442_s


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)