第3の目

「第3の目」を開くワークショップを受けてきました

前半は座学
そもそも「第3の目」とは何か?
それが開くとどうなるのか?
後半は呼吸と瞑想
自分自身の第3の目を内側から感じます

第3の目が開くってどういうこと?
霊とか過去とか未来とか見えちゃうんですか?
えはらさん、超能力者になったの?

などなど思われるかもしれません

ワークショップから数日経って
「これがそういうことなのね」と
わたし自身が思ったのは
今まで気づかなかったようなものが
勝手に目に耳に飛び込んでくるようになった…ということです

例えば今日のこと
陽気も良いので
いつものように近所を散歩していていると
生け垣の向こうの草むらの中でじっと隠れている野良にゃんこに気づく
桜の古木にたった一輪咲いた花に気づく…など
一緒に歩いていたオット氏に
「よく気づくね」と感嘆されました

視力や聴力が上がったのとは又違う…
気配を察知するアンテナが敏感になった感覚です
きっと今のように「便利」になる以前は
人間みんながもっと鋭いセンサーを持っていたはず…
それを少しずつ取り戻しているのだと感じます

もっともっとこのセンサーを磨き
T.E.A.と連動させて
お客様の不調の原因をピピッと見つけられるようになります

植え込みの向こう。草むらの中のにゃんこ。

植え込みの向こう。草むらの中のにゃんこ。

桜の木に見つけた最初の一輪

桜の木に見つけた最初の一輪


コメント

タイトルとURLをコピーしました