そう!そうなりたいんです!

サロンのお客様からこんな嬉しい感想、ご質問をいただきました

「江原さんのリフレクソロジーの施術は
痛くないのに深く響くのはどうしてですか?」

お聞きした瞬間、
リフレの施術中にもかかわらず
椅子から飛び上がりそうになるほど
嬉しくなりました

「痛くないのに響く」

まさにわたしが目指す施術です

世の中では「痛ければ痛いほどいい」という誤解も多いようです
ですが、お客様の感じる痛みとリフレクソロジーの効果は
比例するわけではありません

実はわたしも昔は「うまい施術は痛いもの…」と思っていた頃がありました

そんな思い込みも残っていた時期に
台湾で達人と言われる先生に足を揉んでいただく機会がありました

「痛いんだろうなぁ…」と覚悟を決めて椅子に座ったのですが…
想像したよりもずっとソフトな施術にびっくり
ただし「ここぞ!」というところは
「いたたたたた!」という刺激は受けましたが…
そして終わった後はひたすら足がスッキリしてからだが軽い

笑顔で施術を受けていただき
お帰りの時にはからだがすっきりしてもっと笑顔が輝く
それがわたしの目指す施術です

先日修了したT.E.A.
これを学びたいと思ったのも
わたしの目指す「痛みは軽く、響きは深く、効果は高い」施術に
とてもプラスになると思ったからです
このディプロマをいただいてすぐに上記のような感想をいただけたのは
本当に嬉しいことでした!

まだまだ道は長いですが
セルフケアの指導も勿論
リフレクソロジーをはじめセラピーの質も高めていきます!

foot


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)