夏の散歩の必需品

最近、純粋に歩くことを目的にしたウォーキングは前ほどできなくなってはいるものの
午前中にサロンのご予約のない日などは多摩川べりを歩くのを楽しみにしています。

今日も小1時間歩いてきました。
東京は晴れ時々曇り、最高気温26度、湿度30%というさわやかな陽気。
新緑からこぼれる日差しも気持ちよく…

なのですが、気持ちいいと喜んでばかりはいられません。

こわいのは紫外線

女性にとっては美容の敵。
わたしもUVカットの化粧品を使ったりやはりUVカット機能の帽子やアームカバーで防備します。

でも、実はそれ以上に気をつけているのは目の保護です。
数年前に老人性(!)白内障との診断を受けて以来
お肌の日焼け止めは忘れても帽子とサングラスは忘れません。

最近、サロンの常連のお客様の足を揉んでいて
目の反射区にこりを感じることが何度かありました。
普段からPC作業などで目を酷使されている方では無く、
いつもはこんなことはないのに…と思いながらお話を伺うと
共通していることがありました。

“特に紫外線を気にせずに外を歩いている”ことです。

趣味がウォーキングやゴルフだったり、GWにご家族と野外で長時間過ごしたり…
それ自体は健康的で歩くことは足のためにもとても良いことなのですが
つばの広い帽子で日光を遮るとかサングラスをかけるといった対策をしていなかったそうなのです。

白内障は誰でも年を取ると大なり小なり症状が出る病気とは言え
紫外線を浴びるとそれだけ水晶体の白濁が進むとされています。
できる予防はしっかりしておきたいですよね。

セイコーオプティカルプロダクツ(株)によると紫外線を防ぐ割合は
・帽子のみ 5割近く
・日傘 5割
・UVカット加工のサングラス 8割以上
・帽子とUVカット加工のサングラスの併用 9割以上
だそうです。
サングラスの選び方にもポイントがあるそうなので眼鏡屋さんで相談されるといいと思います!

さらに今日は屋外に長くいたなぁ…というときには、足にある目の反射区も是非よくもみほぐしてあげてください。
全体を簡単ケアで揉んだ後、第2指と第3指の間にたまったものを掻き出す感じで。
指を持って間を前後や左右に開くようにするのもいいですね。

色のついているところ、第2指と第3指の間が目の反射区です。

色のついているところ、第2指と第3指の間が目の反射区です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました