目から鱗、身からサビ

久しぶりに骨ストレッチ講習会に参加してきました。
今回は欲張って基礎編と中級編のダブル受講。

基礎編の内容はほとんどが復習だったのですが
それでも毎回骨ストレッチ前後の体の動きを確認するたびに
「ひょひょひょひょひょ~!」とびっくりします。

これまで体育の授業やスポーツジムで当たり前にしてきたストレッチが
こんなに体を重くしていたなんて!
骨ストレッチの簡単な動きをするだけで
こんなに体が軽く動くなんて!

今回お誘いしたカワイイ後輩さまも何度も「ひょえー」とびっくりしていました。
目から何枚鱗が落ちたことでしょう。

中級編では長い間の体の使い方で身についていたサビを
少々荒っぽい(これはあくまでも溜めていたから。溜まっていない松村先生にとってはなんでもない)方法で落としました。
室内には絶叫と、そのあと体を動かしたときの驚嘆と歓喜の声が交互に響き渡ります。

これをするとどうなるかというと…
肋骨から脚になるんですよ~。

それってどういうこと?と思った方は百聞は一見にしかず。
骨ストレッチを体験してみてください。

中級編の腸ほぐしでは思っていた以上に自分が色々ため込んでいることを自覚できて
いろいろなことに気づくことも出来ました。
まさにからだはこころ、こころはからだを映しますね。

もっと軽やかに楽に生きたいなぁ…なんてことも思った五月晴れの休日でした。

講習会の中級編で「動き方のお手本」として何度か名前の挙がったやまださんとはこのお方です……

講習会の中級編で「動き方のお手本」として何度か名前の挙がったやまださんとはこのお方です……


コメント

タイトルとURLをコピーしました