こどもの足に大切なこと

NHKのニュースサイトにこんな記事が出ていました。

子どもの足の発育促す靴の開発広がる

足裏の筋肉がきちんと発達しないために外反母趾などの問題を抱える子供が増えていて
靴のメーカーが足の発育を促すようなシューズの開発をしている…というニュースです。

親子の足もみ講座でも必ず触れる話題です。
外反母趾や偏平足の子供が増えています。
体を支える土台が正しく発達しなければ、成長していく体をきちんと支えることは出来ません。
足だけの問題では無いのです。

ですから、足の成長のために正しい履き物を選ぶことは大事です。
言うまでもありません。
すぐ大きくなっちゃうから…と大きめの靴を履かせていたり、
逆にきつくなった靴のかかとを踏んで履かせていたり
これでは足に余分な負担がかかるばかり。
正常な発達を阻害するもとになります。

では履き物さえ選べばOK?

3月にご紹介した福島の保育園のケースは靴の問題ではありません。
外で遊べないことで偏平足が増えたのです。

私の住んでいる地域では外を走り回って遊ぶ子供はあまり見かけません。
昔住んでいた都内の別の地区よりも児童公園は多いようなのに…

足にいい靴作りました。
買いました。
履かせました。
…これでは不十分なのです。

どんな靴を履かせるよりも、
子供のうちは裸足で柔らかい地面の上を走りまわらせる方がいい!

そのことをお父さんお母さんはじめ
子供のそばにいる皆さんに理解していただきたいです。
靴のメーカーさんにも「足に良い」だけではなく
「履いたら外で遊びたくなる」靴を作ってほしい…というのは望み過ぎ?

子供の足を健康を守りたい

子供の足を健康を守りたい

 


こどもの足に大切なこと” への1件のコメント

  1. ピンバック: こどもの健康 | リライアンス~reliance~  若石リフレクソロジー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)