「わかる」じゃ物足りない

今日も気づきがたくさん。
毎度のことながら加藤先生(かとうメソッドの加藤俊朗先生)の話には説得力があります。

自分の講座はこんな風に説得力があるんだろうか?

帰りのバスの中で考えました。

会社員の頃にはトレーナーとしていくつも研修をこなし、その後は日本語教師として15年間授業をしてきました。
その中で教えるスキルはかなり身についたと自負もあります。
若石健康法の講座も参加してくださった方からは「わかりやすい」という評価をいただいています。

でも加藤先生の説得力はそういう”わかりやすさ”とは違う次元にあって
左脳で理解するというより
右脳に伝わってくるのです。

いや、脳より腹に響く感覚?

あの感覚が自分の講座にも出せたら…
きっともっと足もみの素晴らしさが伝わるはず。

うむむむ…。

来週からは久しぶりに初級プロ講座が始まります。
しっかり呼吸して右脳に響く講座ができるように知恵を使おう。

20130125-183430.jpg

かとうメソッドの後の青空


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)