弱いところを守る

自分の弱点をわかっていますか?

わたしの場合は「おなか」です。
子供の頃から何かというとお腹が痛くなっていました。
大人になって漢方のお医者さんにも指摘され、内科のお医者さんにも指摘され…。

ストレスが胃腸に来るのは結構一般的なことだと思うのですが
どうやらわたしの胃腸は人一倍ストレスに弱いようです。

それでも足を揉むことやストレスへの対処方法を見直すことで
お腹のトラブルに悩む回数はずいぶん減ってきました。

でも、ふっと気が抜けたタイミングでやられちゃうことが。

初の出張講座を終えてほっとしたタイミングでノロウィルスに狙い撃ちされました。

ああ…手洗いをまめにしていなかった…。
除菌ティッシュを持っていたのに使わずに長距離バスの中で飲み食いしてました。
いかん、いかん。
このお腹を守れるのはわたしだけなのに。
ごめんね、お腹ちゃん。

お腹の中でウイルスが最大に暴れているときには
とても自分の足を揉める状況ではないため
吐き気が収まってきたところで、ひたすら若石足療ローラーをかけました。
全体をくまなくかけたら、小腸の反射区(土踏まずの下半分)を徹底的に。
張って痛かった土踏まずがすっきりしてくると
吐き気やぐるぐるきゅーも落ち着きました。ほっ。

人間誰しも弱いところは有るもの。
100%なんてありえません。
それをちゃんと知っていること。
そして守ること。(わたしはすぐに油断してしまう…反省)
やられたときには、どうすれば回復するか、自分で把握しておくこと。

わたしもこの弱いお腹ちゃんとこの先、命ある限り仲良くしていかないといけないので
もっとお腹ちゃんの声をよく聞くことを心がけないと。

“顔色”の良くない体調不良時の足の裏。小腸の反射区が張っています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)