台湾へ行ってきます

3月3日に行われる「国際若石健康研究会世界総会と30周年式典に出席するため
3月2日(金)から3月6日(火)まで台北に参ります。

そのため、サロンは期間中お休みさせていただきます。
ご予約やお問合せのメールは一応台湾でも確認できますが、お返事が遅れる場合もございます。どうかご了承ください。

今回の参加はわたしにとって一つのマイルストーンになります。

日本語教師時代には旅行が大好きで、
なんとか時間とお金をやりくりしての年に1度の海外旅行が最大の楽しみでした。

ところがうつ病を発症して担当医から言われたのが「旅行はしないように」
例えば幸せなはずの結婚がきっかけでうつを発症する人もいるように
“環境の変化”は人の脳には大きなストレス要因になるのだそうです。
未知の土地への旅行も確かにそうです。

その後、ずっと旅行を我慢して
去年いわきのハワイアンズ復活のニュースにたまらなくなって
オット氏と二人でハワイアンズに行ったのが数年ぶりの旅行でした。
また具合が悪くなったらどうしよう…という思いも心の中にありながら
(こういう思いがまた良くないのですが)
2日間、とても楽しく過ごせたことが自信につながりました。

そして秋に聞いた「来年3月の若石世界大会に出席するツアーがある」というお知らせ。

場所は馴染みもある癒やしの地、台湾
そこで世界から集まる若石仲間の方々と交流ができて本場の施術も体験できる…
知った土地ならストレスも少ないし…行けるかな…

その気持ちを後押ししたのが若石スクール久保田校長からのお知らせでした。
「世界大会で日本の事例として江原さんが日本若石の記念誌に寄せてくれた内容を発表させてもらってもいい?」
毎年発行される日本若石の記念誌に寄稿させていただいたのは「わたしのうつ病と若石リフレクソロジー」という体験記。
足を揉むことと自分の病気の変化の関わりを実感して、その内容をまとめたものです。
その発表を台湾で聞けたら…!

オット氏に「行ってみたいんだけど、どうかなぁ」と相談したところ
「行きたいと思うなら行った方がいいんじゃない?」と更に後押し。

それでも迷いに迷い、締め切りぎりぎりにツアーに申し込みました。

台湾での5日間は若石世界大会や施術体験もわたしにとってきっと大きな収穫になるでしょう。
それとともに5日間を楽しめること自体が、自分がもう一つ乗り越えられたという自信になってくれる気がします。

3月6日に帰ってきたときには、今よりももっともっと色々な意味でパワーアップしていたいと思います。

2006年に訪れた台湾 九分(正しくはにんべんに分)


コメント

タイトルとURLをコピーしました