まじめに歩く

この冬はずいぶんと寒さが厳しいようです。

東京は気温が低い上に冷たい風がピープー吹いています。

外に出たくありませんよね。うん…

寒いし…うちでやることもあれこれあるし……と
気弱な態度でウォーキングの手を抜いていました。
(この場合は足を抜く?)
「歩く」目的で歩いていませんでした。

買い物に ランチに 銀行に   歩くのはそのついで そんな感じ。

何が違うかというと「意識」です。

荷物を持っているせいもありますが、「歩く」意識が足りないせいで
手の振り方や足の運び方が二の次になってしまいます。

去年の冬はしっかりと「歩いて」いたので途中で汗ばんできたものでした。
でも、気がつけばこの冬はまったく汗をかかない歩き方ばかり!
更に首筋に違和感を感じてからジムもお休みしていて、この1ヶ月は汗と無縁の生活でした。

老廃物をきちんと体外に出すために汗をかくのは大切なことなのに…

案の定…なのか、ウォーキングと足もみを始めてから縁が無くなっていた乾燥時期の皮膚炎を起こしたり…と、からだにしっかりツケが回ってきたように感じています。

快適に冬を過ごすためにもちゃんと歩こうと心を入れ替えました。

しっかり手を振り、みぞおちからが脚だと思って歩幅は広めにつま先蹴り出しかかと着地!
胸を張って視線はしっかり前方!

そうすると買い物のときと同じような距離なのにしっかり汗が出ました

他の季節に歩くときにはあまり汗をかくことを考えたことはなかったのですが
汗をかかない季節だからこそ汗をかくためにも「歩く」ことをちゃんとしようと思います。

ちゃんと歩いて汗をかきながら撮った小さな富士山

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - まじめに歩く
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)