朝の足もみ

入門講座で必ず聞かれる質問に
「いつ足を揉むのがいいんですか?」というのがあります。

こたえは
「食後でなければいつでもいいんですよ」なのですが、これだけでは不親切ですよね。

ですのでわたしがお伝えするのがこんなことです。

・毎日の生活のリズムの中で続けやすい時間にしましょう → 朝型夜型といった体のリズムやお勤めの方、主婦の方…といった生活スタイルの中で時間を作りやすい時間帯が一番無理なく続けられます。「毎日続ける」のが究極の目標です。

・なかなか寝付けない方は夜(できれば布団に入るタイミング)、寝起きが良くない方は朝がおすすめです →夜は足もみのリラックス効果で寝付きが良くなりますし、朝は血液の循環をアップさせるので体のエンジンの掛かりが良くなります。

・手足の冷えに悩んでいる方はお風呂上がりにもんで、冷めないうちにしっかり保温しましょう

ここに一つ加わりました。

・「出したい」方は朝揉みましょう

自分のセルフケアは夜型で今まで朝揉むことがほとんどありませんでした。
それでも長年の便秘体質はすっかり解消しましたし、冬恒例の膀胱炎にもサヨナラできました。

ですが!

朝揉むとどんな感じなんだろうと思って寝起きに足療ローラーをかけてみたところ…
お通じもお小水もいつもに増して快調に。
びっくりです。
デトックスが進む感じです。
何日か続けてみましたが、初日ほどの“超びっくり” はさすがに続かないものの、おなかの中のすっきり感が違います。

朝、おすすめです。

愛心棒での丁寧な足もみは時間が無くて難しいかもしれませんが、簡単足もみなら時間はとりませんし、八福踏板や若石足療ローラーを使ったケアなら“ながら”でもできます♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 朝の足もみ
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)