あたたまると冷える

東京は昨日と今日の温度差が激しくて(10度ぐらい下がった?)びっくりです。
春先にはよくあることですが…。

で、こういうときに風邪をひいてしまうことが多い!
わたしも今朝起きたときにちょっと咳が出て焦りました…

ずっと寒い日が続くよりも一度暖かくなって寒くなると体調を崩しやすいのは
からだは温まると冷えやすくなるからなのだそうです。

あたたまると余分な熱を放出しようとして皮膚の表面の毛穴が開きます。
小さな毛穴の小さな小さな面積でも体中の毛穴が開けば、それだけからだの表面積は広くなって熱を放出しやすくなるわけです。
毛穴が開いた状態=冷えやすい状態 ということです。
からだがこの状態の時に体外の温度が下がると、ぐーんと冷えてしまうのです。

ですから、あたたかかった次の日の温度に注意!

ちなみに気温だけではなく、マッサージの後にも同じことが言えます。
マッサージをするとからだは温まって良い気持ち♪
でもからだが温まっている=毛穴が開いている=冷えやすい状態なのです。

セルフケアで足の血液循環が良くなった♪気持ちいい~
と素足で過ごしたりせずに、きちんと靴下を履いて保温に努めましょう!


コメント

  1. […] 2月にブログに書きましたが、こういう急激な気温差は風邪をひくもとです。 「あたたまると冷える」 […]

タイトルとURLをコピーしました