謹賀新年 ~思いやる

初春のお慶びを申し上げます


新年早々の地震に心揺れる元日となりました。
皆さま、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

暮れから郵便局でアルバイトをしております。
今日も仕事でした。
ひたすら年賀はがきを仕分ける仕事です。

日本語学校を辞めて以来、単独で動くことの多かったわたしです。
自分勝手…とは言わぬまでも一人で好きにする身に、このアルバイトはいい刺激になっています。

誰かが誰かのことを思いながら書いた年賀状が、どこかのポストに投函されて
そこから実に多くの人の手を経て相手に届きます。
その長い道のりに思いを馳せることはあまりありませんでした。
でも、実にたくさんの工程を経て多くの人の手から手を渡っているんですよ!

中にはスムーズに次の工程に進めないはがきもあります。
住所や郵便番号の間違いや抜けは想像がつくと思いますが
はがきに貼ったシールなどのせいで他の郵便物にくっついちゃっていたりなんてことも。

そういう迷子があるたびに職員が右往左往しながら正しい行き先を探します。

作業をしながら
きちんと届けたいなら、自分が手を抜かないこと
そこ(結果、目的)までに関わるすべてのことを想像してスムーズにいくように自分のできることをきちんとすること

その二つが年賀状に限らず必要なんだなぁと思いました。

自分のうっかりミスは誰かの負担になり、程度によっては目的を達せずにそのまま自分に返ってきちゃう!

これって想像力であり、いわゆる思いやりなのかな…。
自分の見えないところでも、自分のしたことはどんどん次につながっていきます。
繋がった先でどうなっていくのか?
どんな人が関わってくれるのか?
そんなことをちょっと考えてみる癖をつけたい2012年です。

だってひとの幸せは遠く見えてもわたしの幸せだから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)