発熱

以前、風邪引きの観察ブログを書いたときに、参考として野口晴哉「風邪の効用」の名前を出したことがあります。
その時にはこの本の内容についてあまり触れていませんでした。

簡単に言ってしまうと
風邪というのはちょっとしたからだの不調を調整するためにひくものだ。
風邪などひかないという人ほど不調をためこんで急に大病したりする。
だから風邪は大いにひきましょう!

というものです。

或る意味、風邪はからだが自然におこなうデトックス

最近、facebookなどで風邪の話題をいくつか目にして
自分が大昔に風邪をひいた時のことを思い出しました。

あれは18歳に成り立てのお正月。
大学受験を間近に控えたわたしはとにかく焦燥感と心細さでいっぱいでした。
家族で初詣に行く車の中でも参考書を手放さず、
親戚の家へ年始の挨拶に行くぐらいなら家で勉強していたいのに…と
ぶーたれていました。

そうやってかじりついて勉強(?)すればするほど
「おぼえていないこと」「知らないこと」「できないこと」が
自分の中でクローズアップされ
「こんなんじゃダメだ!!!」という
焦燥感がどんどんふくれあがっていたのです。

そんな松の内に40度近い高熱

頭はくらくらするし、起き上がる気力もなく、まして参考書にかじりつくこともできず
毛布や布団を重ねて嵐が過ぎるのを待つ…といった状態でした。
かかりつけのお医者さんも正月休みで薬を出してもらうこともできず
たぶん母の「温かくして汗をかけば熱は下がる」という方針で寝かされていたのだろうと思います。

翌日か翌々日か…
体温は平熱に戻りました。

ただでさえ焦りまくって寸暇を惜しんでガリガリしていたわたしです。
「時間を無駄にしたーっ!」となってもおかしくないはずが…

明鏡止水の心持ちはちょっと大げさですが
あれだけわたしを追い詰めていた焦りがきれいさっぱり消えて
心の中は穏やかになっていました。

それから試験までの数日、ゆったりとした気持ちで過ごすことができ
試験本番で生来のおっちょこちょいで失敗した部分はあったものの
それも後を引かず、結果は志望校合格と相成りました。

あの発熱はまさに心身のデトックスだったんだと今は思います。
無理して勉強して疲れたからだと
試験日が迫りストレスに耐えきれなくなっていた心の
両方の毒出しをしてくれたに違いありません。

もうセンター試験は終わりましたが、まだまだ受験シーズンまっただなかですね。
受験生の皆さん、試験前にうまくデトックスできるといいですね。
ちなみにリフレクソロジーもいいデトックスになりますよ♪


発熱” への1件のコメント

  1. ピンバック: 用心肝心 | リライアンス~reliance~  若石リフレクソロジー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)